不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

芦屋校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
南川 華奈先生

南川 華奈先生

先生からのメッセージ
「自分は本当にこのままでいいのだろうか」「学校に通えるようになりたいけど、どうしたらいいかわからない」「居場所が欲しい」東京大志学園では、そんな思いを抱えたあなたを待っています。芦屋校には、芦屋だけでなく神戸や阪神地区、大阪などいろいろな所から同じような経験をしているこどもたちが通っています。自分を変えるのは勇気がいりますが、今からできること、できそうなことを、私たちと一緒に取り組んでみませんか?今のあなたにしかできないことがきっとあるはずです。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

芦屋校

芦屋校

〒659-0061
兵庫県芦屋市上宮川町4-1 4F

  • TEL 0797-38-7686
  • FAX 0797-23-1907
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】社会:北アメリカの産業

火曜日の3時間目は社会の授業です。
社会の時間は、小学生から中学生まで
皆で一緒に同じ授業を受けます。
先生は、基本的な内容を板書しつつ
様々な写真を見せながら説明してくれるので
学年や学習進度に関わりなく
全員がしっかりと理解して学習することが出来ています。

今日は北アメリカの広大な土地を活かした産業について学び
巨大な農業機械や飛行機で農薬をまく様子の写真などを見ました。
日本とは全く異なる農作業の風景に
児童生徒たちからは驚きの声が上がっていました。

北アメリカの産業の話から派生して
TPPや、日本の産業の特徴についても解説があり
時事問題についても学ぶことが出来ました。

こういった授業をきっかけに
世界のことや日本のことなど、身近な社会問題に関心を持ち
自分の視野を広げていってほしいと思います。

【お知らせ】親の会・学園説明会を開催します

寒さがいっそう増してきた、そんな季節となりました。
さて、平成30年2月6日(火)に
今年度最後となる『親の会・学園説明会』を実施いたします。

『親の会』では
不登校もしくは、不登校傾向(学校に行きにくい)の
お子さんのいらっしゃる保護者の方を対象に
親御さん同士で交流したり、講師の講演を聴ける場となります。
財団会員の方でなくても、1度は無料でご参加できます。
興味のある方はご意見・質問なども併せて
お気軽にご連絡ください。

東京大志学園では、8年ほどお世話になっています
井上序子先生を講師としてお招きし
日頃お子さんへの関わり方や困り感など
東京大志学園での様子などを、じっくり語り合いたいと思います。
同じような立場で、同じような悩みを聴いたり
少しお話するだけで、すっと心が軽くなったりします。

『学園説明会』では
東京大志学園芦屋校の紹介を行う予定となっております。
芦屋校の様子や活動内容など、児童生徒たちが参加者の前で
発表予定です。こちらの受け付けもお待ちしています。

〈親の会〉
【日程】平成30年 2月6日(火)14:00〜16:00
【場所】東京大志学園 芦屋校 教室
【お問合せ・お申込み先電話番号】
 0797-38-7686   ※HPからもお申込み可能です

〈学園説明会〉
【日程】平成30年 2月6日(火)13:00〜13:45
【場所】東京大志学園 芦屋校 教室
【お問合せ・お申込み先電話番号】
 0797-38-7686   ※HPからもお申込み可能です

HPからお申し込みをご希望の方は
東京大志学園芦屋校のページまでアクセスください。

【学習支援】元素記号カードを使って楽しく学習

理科の授業では、元素について学習しました。
元素とは、物質を構成している基本的な成分のことです。

授業の後半では
グループに分かれて元素記号のカードを使ったゲームをしました。
手札の元素記号を組み合わせて
化学式を作り、得点を競うゲームです。
簡単な化学式をたくさん作るもよし
複雑な化学式を作るためにチャンスを待ってもよし、ということで
児童生徒たちは
それぞれ作戦を練りながらゲームに取り組んでいました。

ゲームの中では
自分の手札でどんな化学式を作ることが出来るか考えたり
狙っていた化学式を作ることができて喜んだり
友達の作った化学式に
「すご〜い」と驚いたりする様子が見られました。
元素についてははじめて学習する児童生徒も多く
難しさを感じていた人もいたようですが
友達と楽しく学習することができた時間になりました。

【学習支援】小論文:スマートフォンについて考えよう

今日の6時間目の国語の授業では
200字の小論文を書く練習をしました。
テーマは「スマートフォンは、
     中学・高校どちらから持たせたほうが良いか」

生徒たちの意見は「早いうちからスマホに慣れたほうがいい」という中学生派と「トラブルが多いから、成長してからのほうがいい」という高校生派に分かれました。
中学生・高校生それぞれの時期に持つ
メリット・デメリットについて意見を出し合い
反対の立場の人を説得するつもりで論を組み立てました。

自分の言葉で考えを伝えることはとても難しいことですが
繰り返し練習を重ねることで、少しずつ上達していきます。

自分の意見を分かりやすく
相手に伝えるにはどうすれば良いだろうと考える中で
先に自分の考えを明確に主張したり
主張を分かりやすくするために例を書いたり
最後にもう一度意見をまとめたりと
表現の工夫の仕方を身に付けることができる時間になりました。

【学習支援】楽しみながら英語に関わる

水曜日の3時間目は英語の時間です。
英語の時間は、いつもちょっとしたゲームから授業が始まります。

今日のゲームは、先生が挙げたお題から
できるだけ多くの単語を書いていくというもの。
例えば「animal」というお題が出れば
dog,tiger,lionなど、動物の名前の英単語を
思いつく限りホワイトボードに書いていきます。
男女2チームに分かれ、3回戦行いましたが
結果はわずかに女の子チームの勝利!

最後の「jobs(仕事)」というお題では
「この単語見たことある!こんな意味だったんだ。」
「この仕事って英語ではこんなふうに言うんだ。」
など、普段あまり聞くことのない英単語に触れながら
感心した声もあがっていました。

ゲームを通して楽しく英語に触れ
新しい知識を身に付けることのできた時間となりました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室