不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

芦屋校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
南川 華奈先生

南川 華奈先生

先生からのメッセージ
「自分は本当にこのままでいいのだろうか」「学校に通えるようになりたいけど、どうしたらいいかわからない」「居場所が欲しい」東京大志学園では、そんな思いを抱えたあなたを待っています。芦屋校には、芦屋だけでなく神戸や阪神地区、大阪などいろいろな所から同じような経験をしているこどもたちが通っています。自分を変えるのは勇気がいりますが、今からできること、できそうなことを、私たちと一緒に取り組んでみませんか?今のあなたにしかできないことがきっとあるはずです。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

芦屋校

芦屋校

〒659-0061
兵庫県芦屋市上宮川町4-1 4F

  • TEL 0797-38-7686
  • FAX 0797-23-1907
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学園生活】休み時間の流行は?


最近の芦屋校では
ギターに触れる・挑戦するということが流行っています。

休み時間になると、ギターを片手に
「ギター入門書」なるものを見ながら
必死に練習する姿が見られます。

「Cのコードは...」
「ドレミは...」
ひとつひとつ確認しながら弾いています。

教室の中にはピアノもあるので
「あの曲を一緒に音合わせしてみよう!」と
セッションする姿も時折見られます。

新しいことに挑戦することは、とっても新鮮なものです。
上手くなりたいという気持ちや姿が、周りの人にも自然と伝わり
休み時間がとても心地の良い時間となっています。


職員

【教育シンポジウム】「学校にいけない」とはどういうことか −子どもの心に合わせた保護者の支援−

平成29年度第1回目の教育シンポジウムのご案内をいたします。
今回は、不登校を経験した高校生による体験発表を行います。
学校に行けなかった当時、子どもたちが抱えていた思いとは。
子どもたちを支えるための具体的なアドバイスとは。

【テーマ】「学校にいけない」とはどういうことか
      −子どもの心に合わせた保護者の支援−

【内容】第一部:不登校を克服した生徒による体験発表 
    第二部:専門家による講演会(解説・アドバイス)

【日時】平成29年7月8日(土) 14:00〜16:00(13:30開場)

【講師】伊藤美奈子先生(奈良女子大学大学院教授)
【会場】クラーク記念国際高等学校芦屋キャンパス
【参加費】 500円 ただし、会員、提携高校保護者の方は無料
【お問合せ・お申込み先電話番号】0797-38-7686 HPからもお申込み可能です

【集団:世界一大きな授業】学校に行けるということ、文字を読めるということ

“世界一大きな授業”とは、2003年から毎年開催されている世界規模のキャンペーンで、世界の教育の現状について学び、教育の大切さについて考え、より良い世界のために自分たちに何が出来るか考えることを狙いとするものです。

「学校に行けない子どもは世界に何人いる?」
「どうして学校に行けないの?」
「文字を読めない大人はどれくらいいる?」
「文字を読めないとどう困る?」
今日はその“世界一大きな授業”の導入として、こういった問題をクイズ形式で学びました。

「学校に行けない子どもがいることは知っていたけど、そんなにいるとは思わなかった」と驚いている生徒もいました。

また、読めない文字が書いてある三つの瓶の中から“高熱に効く薬”を探すという課題では、誤って“毒”や“栄養剤”を選択してしまうチームもあり、文字が読めない不便さ・恐ろしさを、身をもって体験できたようです。

授業が進むにつれて皆真剣な表情になり、授業の最後には「文字を読めるということ、学校に通っているということはすごいことなんだな」という感想も出てきました。当たり前のように受けてきた教育について、改めて考える機会となったようでした。


学生スタッフ:森藤

【社会】世界四大文明

今日は社会の授業。
社会は週に2回あり
それぞれ歴史・地理公民の日に分かれています。

本日は歴史の日ということで、
四大文明についての授業でした。
文明の発達に伴い、昔の人々がどのように
生活を変容させてきたかを学びました。

「なんで文明があったところには川があったと思う?」と
教員が問いかけると、
みんなでその理由を考え始めました。
「飲み水がいるから?」「色々育てるのにも使える!」
正答は勿論のこと、それぞれの生徒の発想も
大事に取り扱っていきます。

自由に考える力を伸ばしつつ、
それを受け止めてもらえるという体験も
積んでいくことができるような授業でした。


学生スタッフ 大内

【英語】ひたすら…

今日の英語の授業では
頭文字の英単語を見つけ出そうということで
1チーム3人の計3チームで英語の辞書を使って
ひたすら英単語を見つけ出していきました。

「E」「G」「S」など、単語の種類がたくさんある頭文字を選択し
辞書を使って単語の発音とスペルと意味を調べていきます。
すでに覚えている単語もあれば
見たことも書いたことも聞いたこともない単語もあったようです。
いかに文字数が少ない単語を見つけ出せるかというところが
どのチームにも共通していたポイントでした。

3チームで合計約500もの英単語を見つけ出すことができ
英単語にたくさん触れることができた時間となりました。


職員

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室