不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

芦屋校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
南川 華奈先生

南川 華奈先生

先生からのメッセージ
「自分は本当にこのままでいいのだろうか」「学校に通えるようになりたいけど、どうしたらいいかわからない」「居場所が欲しい」東京大志学園では、そんな思いを抱えたあなたを待っています。芦屋校には、芦屋だけでなく神戸や阪神地区、大阪などいろいろな所から同じような経験をしているこどもたちが通っています。自分を変えるのは勇気がいりますが、今からできること、できそうなことを、私たちと一緒に取り組んでみませんか?今のあなたにしかできないことがきっとあるはずです。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

芦屋校

芦屋校

〒659-0061
兵庫県芦屋市上宮川町4-1 4F

  • TEL 0797-38-7686
  • FAX 0797-23-1907
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】新しい単元にも果敢に挑戦する力!


東京大志学園芦屋校の数学の時間は
学年や進度に合わせて
一人一人が自分に合った課題を選択します。

教材は、先生が用意しているプリントや
自分で持ってきたワークや教室においてある参考書を
使っています。

児童生徒たちは新しい単元にも積極的に取り組みます。
参考書を活用して概念や基本公式をしっかりと確認し
基礎的な問題から挑戦します。
疑問点があれば先生やボランティアスタッフに質問をして
理解を深めます。

「まずはこっちの参考書で基本を確認します」
「これと同じような問題を別の問題集でもやってみます」など
学習の方法を自ら工夫していく様子はとても頼もしく感じます。

これからも自分で自分に合った方法を見つけるという姿勢を大切にしてほしいと思います。

【学習支援】スピードと正確さと...

今日の検定対策の授業では、
最初にみんなで100マス計算にチャレンジしました。

足し算や掛け算など、それぞれが自分のレベルにあわせた問題に
「スタート」の掛け声で取り組み始め、
終わったら自分のタイムを教えてもらいます。
答え合わせをし、全問正解できたら次のレベルにチャレンジです!
みんな真剣に問題に取り組んでいました。

前回よりタイムが縮まって喜ぶ人
伸び悩んで次こそ頑張ろうと思う人
惜しくも全問正解できなかった人。
それぞれが自分の課題を見つけ、次への意欲につなげていました。

【お知らせ】平成29年度第2回教育シンポジウムを開催いたしました。

10月7日(土)に、第2回教育シンポジウムを開催いたしました。

 第1部では、中学時代に不登校経験がある生徒の体験発表が行われ、連携しているクラーク記念国際高校の2年生2人がパネラーとして発表してくれました。
中学校時代を振り返りながら「学校へ行きづらくなった原因」
「家族・担任の反応」「学校に戻ってみようと思ったきっかけ」
「現在高校生として毎日通えることができている理由」
など実体験だからこそのリアルな声を聞かせてくれました。
参加者からは「子どもの気持ちの変化が知れて参考になった」
「パネリストの2人が現在楽しく学校に行けている話を聞いて、気が楽になりました」などの感想をたくさんいただけました。

 第2部では、“不登校を乗り越える”というテーマで、玉川大学教職大学院教授の田原俊司先生にご講演いただきました。
田原先生からは、学校に行きたくないという気持ちからなる“登校しぶり”と呼ばれる子どもの変化についてお話がありました。
“登校しぶり”とは「学校へ行きたくない」「一人で学校に行くのがつらい」と言い出したり、家を出るまでの動作が遅くなる(例:布団から出てこない、トイレにこもるなど)ことを表します。
これらの原因は大多数が不明であり、主に学校・家庭環境の変化に対してのストレスが要因になると言われています。
そんな、“登校しぶり”への対応として
@安心して休ませること
A子どもの話を傾聴し、否定しない
B担任や医師、心理士など専門家との相談
以上が基本的な対応策としてあるそうです。

講話の中では、これまで田原先生が関わってこられた不登校の生徒たちのエピソードも語られました。
第二部の田原先生の講演に参加された方からは「子どもからでているサインを見逃さないようにしたい」「具体的な手立てが聞けて良かった」といった感想を頂きました。

【学習支援】検定対策

東京大志学園には検定対策の授業があります。

英語検定、漢字検定、世界遺産検定など、
児童生徒たちはそれぞれ
自分がチャレンジしたい検定の勉強を進めています。
何年生だから何級を受ける、というのではなく
自分が挑戦したい級や
レベルに合わせてはじめることができます。

10月は英語検定、漢字検定があるということで
受検予定の児童生徒は勉強にも熱が入っていました。

自分で目標を決めて勉強したことは
きっと大きな自信になると思います。

合格を目指して頑張りましょう!

【学習支援】ジェンガでタワーを作ろう!

今日の英会話の授業では
ジェンガでタワーを作るゲームをしながら
「頻度を表す副詞」を使って
英語の質問に英語で答える練習をしました。

2つのチームから代表者1人が前に出て
ブレンダン先生の質問に答えたあと
できるだけ高くタワーを組み立てていき
より高いタワーを作ったチームが1点をもらっていきます。

それぞれの生徒に5回程出番が回ってきて
先生にヒントをもらい、要領を掴みながら少しずつ
まとまった英語の答えを返していくことができました。

他の生徒が、緊張しながらタワーを作っている間は
「ゆっくりでいいよ!」「崩しても後で取り返すよ!」など
励ましの声が飛び交い『失敗を許し合おう』『一緒に楽しもう』
という温かな雰囲気を感じるゲームとなりました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室