不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

柏校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介

キャンパスの活動紹介

活動日 月〜金曜日
(特別活動を土曜日に実施することもあり。その場合、平日を代休とする。)
活動時間 午前9時〜午後3時半まで
  • 学習支援

    学校復帰時へ向けて主要科目(英語・国語・数学)を中心に一人ひとりが自分の習熟度に合わせて学習をする。入会時に教室職員と面談の上、学習内容、学習進度、学習形態を話し合って「本人が決めたペース」を基本に学習に取り組む。指導は教室職員と大学生スタッフが行う。授業形態に慣れてもらうため、連携校職員による、教科授業も行なっている。

  • グループワーク

    「遊び」「製作」などから集団の中での行動、他者との協調性の育成、コミュニケーション能力の向上を目指した活動をする。みんなで教室のルール作り等の話し合いを行う時間や、集団活動として行事の企画、準備・運営に取り組む時間なども同様のねらいをもつ。

  • 総合学習

    総合学習の時間は、基礎体力を身につけることを目的としたレクリエーションほか心身をほぐすような課外活動(調理実習・映画鑑賞会など)も行う。

  • フリータイム

    こどもたちの主体性を育むため、自分たちで考えて自由時間を過ごしている。教室職員や大学生スタッフが全体を見ながら、生徒同士のコミュニケーションがきちんと取れるよう支援していく。また、この時間にひとり一人と個別面談、カウンセリングをしていく。

スタッフ紹介

教室責任者 及川 拓也
教室職員 柳瀬 美咲
大学生スタッフ
(メンタルサポーター)
心理学・教育学等を学ぶ、研修を受講した大学院生、大学生 約10名
ピアアシスタント ピアアシスタントの研修・実習を受講した高校生

講演会

学校復帰支援シンポジウム(全3回)(平成27年度実績)

後援
柏市教育委員会/松戸市教育委員会/我孫子市教育委員会/野田市教育委員会/流山市教育委員会/鎌ヶ谷市教育委員会

不登校児童・生徒の学校復帰を目指した、保護者・教員・生徒対象の講演会。毎回講師による講演に加え不登校を克服した生徒が自分の体験談を話し、司会も不登校を経験した生徒が行う。終了後には、懇親会(親の会)を行い、講師への質疑応答や同じ悩みを持つ保護者、不登校経験を持つ生徒たちと意見支援や情報交換をする。

親の会

現在不登校児童・生徒を抱えている保護者と教室職員による勉強会および、意見交換の場。時には、手作業をしたり、工作をしたりしながら、会を進行する。

親子宿泊体験教室

首都圏主催で、毎年1回夏休みに実施。臨床心理士の指導、監修のもとプログラムを組み、不登校児童・生徒とその保護者が一緒に2泊3日の宿泊体験をする中で自然に触れあう様々なワークやゲームの他、自分を見つめるワークなどを行い、本人の自立や成長を促すことで不登校克服に向けての足がかりとなっている。

資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室