不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

柏校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
柳瀬 美咲先生

柳瀬 美咲先生

先生からのメッセージ
「変わりたい!」
その気持ちは、何かをやろうと思う時、新たな道を選択する時に必要な気持ちだと思います。柏校では、学習や友人関係、自分自身のことなど、今までの「変わりたい自分」からの変化を大切にしながら活動しています。東京大志学園での出会いと毎日の生活を通して、一緒に「変わった自分」を発見しましょう。まずは一歩。勇気を出して柏校にお電話下さい!皆さんの笑顔に会えることを楽しみにしています!

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:40,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

柏校

柏校

〒277-0852
千葉県柏市旭町2-2-3

  • TEL 04-7141-6655
  • FAX 04-7146-2455
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【課外活動】さつまいも堀の準備をしよう

今日は連携高校と一緒に、食育の授業を開催。
いつも田植えでお世話になっている
地域の農家さんにお邪魔しました。

今回は、もち米でもなく、なしでもなく。
秋に収穫するための「さつまいも」の準備です。

丁寧に土を耕すことから始まりました。
大きな土の塊を砕いたり、魔法の粉と土を混ぜたり。

黒いビニールを引き、一定間隔に穴をあけていきます。
そこに斜め30度くらいに苗を植えていきます。

自分達が植えた苗がどう育つか楽しみですね。

【集団(道徳)】「世界一大きな授業」

今日は、世界の教育の現状を世界中で同じ時期に学び、教育の大切さについて考える「世界一大きな授業」を行いました。
テーマとして選んだのは、「識字」です。

世界で小学校に通えない子ども達はどうして通えないんだろう?どんな現実があるんだろう?文字が読めないとどんな不便があるんだろう?
想像力を働かせて、たくさん意見を出していきました。

授業の後、「世界の事を考えたことがなかったので、自分は恵まれていると思った。考え直すことが沢山あった」「世界にはこんなに貧困とかで学校に行きたくても行けない子が多いのを知って、これからはちゃんと挑戦することを心がけなきゃと思いました」などの感想を聞く事が出来、生徒達はとても大事な点をつかんでくれたようでした。

次回の「世界一大きな授業」では今回つかんだ課題をもとに、日本にいる私達に出来る事は何かを考え、実際に政府に手紙を書いてみると言うことをしてみたいと思います。

【集団(その他)】人生ゲームをやろう

柏校では、学習や集団の活動だけでなく
「遊びを通した学びや人間関係」も大切にしています。

面と向かって人と話すことは苦手。
そんな時は「遊び」を通して人と関わることをお勧めします。

柏校は、色々な遊びや工夫をして
生徒同士の人間関係を深めていっています。

今回はその中の一つ「人生ゲーム」を紹介します。
人生ゲームの中では、役割を細かく設定することができます。
銀行係の人。お宝カードを配る係りの人。
駒を進める係りの人。保険係りの人。

一人一人に役割を与えながらゲームを進めます。
その中で、色々と会話をすることで生徒同士の仲も深まります。
次回は、何のゲームを開催するのかお楽しみに〜!

【集団(社会)】新聞について知ろう

今日は首都圏合同の課外活動に参加をしてきました。
東京大志学園は、全国に13分室あり
首都圏には5分室(本校・さいたま校・横浜校・千葉校・柏校)があります。

今回は5分室合同の課外活動になりました。
見学先は、大手町にある「読売新聞社」です。

2グループに分かれて、記者体験をしたり。
読売新聞について学んだり、実際の編集局を見たり。

何気なく手にしている新聞の裏の世界を知ることができました。

初めて見学する場所に興奮気味の生徒達。
お土産ももらって、楽しそうでした。
中々いけないような場所に、社会科見学するのも楽しいですね。

【集団(理科)】国立科学博物館に行こう

柏校では、課外活動の際には
様々な教科や知識に触れることができる内容を選んでいます。

今日は「理科」の授業に結びつくものを紹介。

上野にある「国立科学博物館」に行ってきました。
大きな鯨のオブジェクトが玄関先に。
特別展も見学に行きました。

剥製や化石、標本や模型等。
1日で見学するには時間が足りなかった様子。

色々なものに触れ、自分達の知識や経験を
増やしていって欲しいと思います。

次回はどんな学習ができる施設に行くのか。
お楽しみにしていて下さいね!

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室