不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

柏校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
柳瀬 美咲先生

柳瀬 美咲先生

先生からのメッセージ
「変わりたい!」
その気持ちは、何かをやろうと思う時、新たな道を選択する時に必要な気持ちだと思います。柏校では、学習や友人関係、自分自身のことなど、今までの「変わりたい自分」からの変化を大切にしながら活動しています。東京大志学園での出会いと毎日の生活を通して、一緒に「変わった自分」を発見しましょう。まずは一歩。勇気を出して柏校にお電話下さい!皆さんの笑顔に会えることを楽しみにしています!

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:40,000円/月、週1日プラン:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ファミリープラン:5,000円/月
    【入会金:10,000円】

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

柏校

柏校

〒277-0852
千葉県柏市旭町2-2-3

  • TEL 04-7141-6655
  • FAX 04-7146-2455
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】苦手分野を学習しよう

夏休みですが活動の一つを紹介。
個別学習の一コマについてご紹介いたします。

生徒たちだけで勉強する自習の時間ではなく、
大志学園職員や大学生ボランティアが巡回する中で
自分の苦手分野の勉強を行う時間となっています。

東京大志学園 柏校では
苦手な部分だけに注目するのではなく
得意分野を伸ばすことのできる
個別学習の時間をとても大切にしています。

ぜひ一度、教室を見学しに来て下さいね。

【コミュニケーション力】夏だスイカ割り!!

今回は夏休み!!ということで、
駐車場を使って「スイカ割り」を行いました。
実はすいかわりとともに、かき氷
タピオカジュースも行いました。

「もうちょっと右ー!!!」
「もうちょっと左ー!!!」
「おおまた5歩!!!」
「回れ右!!!」

生徒達は一生懸命言葉でスイカまで案内。
ですが、やっぱりあまり上手くいかないようで。
苦労しながら、楽しみながら行いました。

割れたすいかを見て生徒達は大興奮。
楽しい夏の思い出ができたようで良かったです。

【お知らせ】親の会実施します

今年度第2回親の会を開催します。
不登校だからこそ、保護者同士のつながりが大切。
「子どもが学校に行かなくて・・・」
「朝全然起きないんです」
「ゲームばっかりやっていて」
「高校進学する気があるのかわからないんです」

・・・不登校のお子さんを抱える保護者同士だからこそ。
抱えている悩みや相談事。誰にも話せないこと。
相談したくても周りに分かってくれる人がいない。
だからこそ「親の会」で保護者同士に話をしてほしいと思っています。

1:日時・・・平成30年9月8日(土)10:00〜12:00
2:開場・・・東京大志学園 柏校
3:内容・・・教室担当者挨拶。柏校運営方針。保護者の方々の交流。
4:持ち物・・スリッパ、筆記用具。

【学習支援】百人一首をやってみよう

東京大志学園 柏校では個別学習も大事にしていますが
集団授業での伸ばせる力も大切にしています。

今回は、夏休みではありますが!
「国語」の集団授業を紹介します。

漢字クイズを行ったり、部首クイズに挑戦したり。
時々、音読や作文にも挑戦します。

時には皆でゲーム感覚を楽しむことも。
「百人一首」は毎回盛り上がるゲームの一つです。

素早く枚数を獲得していく生徒。
一生懸命言葉を聞いている生徒。
必死に暗記しようと何度も繰りかえす生徒。

こんな国語の授業も素敵ですね。

【お知らせ】夏季休暇中の教室閉室について

東京大志学園 柏校は
8月11日(土)〜8月21日(火)まで
夏季休業中は教室を閉室としております。

お電話での対応はできかねますので、ご了承下さい。
(FAX・HPよりのご請求は随時受け付けております)

なお、資料をご請求して頂きました方へのご対応は
8月22日(水)以降とさせていただきます。
何卒、よろしくお願い致します。

毎日暑い日が続きますが、熱中症等にご注意ください。
皆様、楽しい夏休みをお過ごしください。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜