不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

名古屋校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
茨木 泰丈先生

茨木 泰丈先生

先生からのメッセージ
「学校に行ける自信がないな」「でも、本当は行きたいんだけどな」少しだけそう思うようになったら、一度、名古屋校に見学に来てみませんか?
東京大志学園は、今の皆さん(皆さんのペース)を大事にします。夢を叶えるのに、大きな一歩はいりません。
「できそうなこと」「やってみたいこと」の中から、夢に繋がっていきそうなことを一緒に考え、一緒に取り組んでみて、一緒に修正しながら、一緒に挑戦していく教室です。
転校せず、今の在籍学校に所属しながら通える教室です。小さい一歩からで大丈夫。気軽に一歩、私たちと取り組んでみませんか?

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:36,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    6,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

名古屋校

名古屋校

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-12-12 竹生ビル2F

  • TEL 052-581-4578
  • FAX 052-589-3756
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【お知らせ】9月親の会「思春期の心の葛藤を捉える」

学校復帰支援の核となるのが、子どもも親もネットワークを持つことだと、東京大志学園では考えています。

そこで毎月1回土曜日に開催しているのが「学校を休みがち・不登校の小・中学生を支える保護者の勉強会「親の会」」。

今日は、「思春期の心の葛藤を捉える」というテーマで、精神分析理論の「防衛機制」を解説しつつ、中高大学生の「葛藤」を実際に学生に語ってもらいながら、支援方法をみなさんと一緒に考えました。

参加者の声
子どもの状況を理論的に知ることは、冷静になれる点でとても大事だと思いました。
子どもの気持ちを尊重しようと、改めて思いました。

【キャリア学習】高校生ピアアシスタントとの交流会

現在、社会では、不登校の問題は進路の問題と言われています。
東京大志学園のこれまでの実践と研究では、自分の進む道がなかなか見出せずにいる小学生や中学生は、その先で元気に過ごしている高校生や大学生と交流を持つことで、自分の道(進路)に向けて動き出すようになる、ということが分かってきています。

そこで東京大志学園では、同じ教育グループで連携している、クラーク記念国際高校の高校生(ピアアシスタント)と、一緒に合同行事を開催したり一緒に勉強したりする機会を定期的に設けています。

さて、本日、名古屋校では、来週29日のクラーク高校の先輩との合同課外活動を前の事前交流授業を行いました。お互いに自己紹介をしあったり、課外活動先で学ぶ内容の事前学習を合同で実施しています。

【学習支援】考えをまとめる国語力

2020年の大学入試改革が表す通り、これからを生きる子ども達は、主体的に考える力や表現力が手がかりになっていきます。

東京大志学園では、小・中学生が同時に学べる集団授業の中で、学びの主体性や表現力を身につける授業を展開しています。

今日は、「基礎国語」の授業で、主人公の心の「葛藤」について考えました。

日常の授業の中で、「生徒同士、お互いを認め合える」空気が出来ているためか、東京大志学園では、自由に自分の気持ちを語れる土壌ができています。

意見を言うことに自信のない生徒も、安心できるのか、今日の授業では、皆が自分の意見をたくさん述べていました。

今後も、雰囲気づくりと学習環境を大事にしながら、「学習への動機付け」をしていきたいと考えています。

【コミュニケーション】キャッチコピーを作ろう(NIE)

情報化社会において、一番情報が正確で美しい日本語を使っている『新聞』を教材に学ぶ授業「NIE」。

名古屋校では、毎週水曜日1時間目に、この授業を年間を通して行っています。

今週は、キャッチコピーの一部に、別のキャッチコピーを掛け合わせて、違う文章を作る授業。

今日のお題は、「40代中ば」と「秋のWチャンス」。
ペアーに分かれて、テーマに会う他の言葉を新聞から探します。

ペアーで、言葉を考え、ゲラゲラ笑いながら新聞を切り抜いて、
作品を完成させました。

【学習支援】学力定着に自信がついてきました!

学習のポイントは、忘れたところからの積み重ね。

現在、名古屋校の生徒は多くの生徒が「基礎学習」の面白さに目覚めてます。

それぞれ学ぶ範囲は様々ですが、「分かった」という種と「できた」という土や水で、面白さの芽がぐんぐんと伸びています。


今日は、名古屋市内で元々、学校の先生や校長先生をされていた数学・理科の先生が個別に勉強を教えに来てくださいました。

帰りの会では、「だんだんと勉強が分かるようになって嬉しい」と生徒が感想を述べていました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室