不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【英語講座】 生の英語に触れてみよう!

 本日は、英語講座の授業で、ネイティブの先生と一緒に好きな食べ物や嫌いな食べ物等について英語で表現する授業を行いました。初めのうちは生の英語に戸惑う場面も見られましたが、徐々に先生の質問に一人ひとり英語で返事ができていました。最後には先生のリアクションに対して、教室中から笑いが溢れていました。
 
 実際に英語を使って表現することは、座学の英語よりも難しく慣れが必要ですが、皆で楽しみながら英語に親しみをもって欲しいです。 

(大学生ボランティア:小山)

【日常生活:帰りのSHR】思いやりのある教室づくり

 東京大志学園では、帰りのSHR(ショートホームルーム)を行っています。SHRでは明日の連絡や提出物の確認などをしています。

 最近、さいたま校では「今日○○くんが、掃除のときにほかの人に教えてあげていました。」「今日は○○さんがこっそり机の角をそろえてあげていました」など、気づいたことを職員や生徒が発表しています。

 呼ばれた生徒は少し照れている様子でしたが、笑顔で拍手を受けていました。周りの生徒に優しさが広がり、みんなが思いやりの気持ちをもって過ごせるといいですね。


(職員)

【イベント:課外活動】 読売新聞本社に潜入!

 本日は、今年度初めての首都圏合同イベント、読売新聞本社に行ってきました。東京駅の大手町に本社があるということで、生徒達は「すごいビル高い!」「と、都会だ!」など本社に到着する前から笑顔で話している様子が見られました。

 本社に到着後は、二つのグループに分かれ、「プチ取材体験」や「社内見学ツアー」に参加しました。「プチ取材体験」ではiPadを使用し、役割を分担しながら情報を集め、オリジナルの新聞を作成しました。「社内見学ツアー」では本社を巡り、会議をする場所や実際にテキパキと働いている人達を目の当たりにし、生徒達の姿も少しピリッとしていました。

 当たり前のように毎日、家のポストに入っている新聞ですが、この新聞の記事一つひとつに作り手の思いがつまっていることを実感しました。
 生徒達が「働く」ということを少し意識した一日になりました。


(大学生ボランティアスタッフ:正岡)

【お知らせ】さいたま校『学園説明会』開催のお知らせ

さいたま校では、月に1回、学園説明会を開催しております。普段生徒が通ってくる教室で行いますので、教室の雰囲気や実際に通っている生徒の様子を知ることができます。

日程:5月20日(土)10:30-12:00
会場:東京大志学園 さいたま校(JR大宮駅から徒歩15分)

学園全体説明、生徒によるQ&A、個別相談などを行っています。
ご希望の方はお電話かFAX、HPにあるイベントページ よりお申込みください。

【ピアレクリエーション】自分・相手のよいところを見つけよう!

本日は「自分と相手のいいところを見つけよう!」というテーマでピアレクリエーションの授業を行いました。
自分は、どんな性格なのか?どんな良いところがあるのか?を各自で考えました。最初は「わからない。」「なにもない・・・。」などの声も聞こえましたが、徐々に自分について考えている姿が見えました。
自分のことを考えた後に友達の性格、良いところを書いていきました。自分の思っていた自分と友達から見た自分の違うところ同じところなどを知り笑顔で話している様子が見られました!
来週も続きをやるので自分のことをもっと知れるといいですね!

(大学生ボランティアスタッフ:高塚)

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室