不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】課外活動:系列高校の開校25周年記念「文化芸術祭」を見学してきました!

9月24日は、系列高校であるクラーク記念国際高等学校の創立25周年記念文化芸術祭に行ってきました。文化芸術祭では、首都圏の様々なキャンパスに所属している高校生が、自分の専攻で学んでいることを発表していました。

 東京大志学園の子どもたちは、高校生のパワーをひしひしと感じながら、色々な発表を見学・体験してきました。高校生がプログラミングをしたゲームを体験して盛り上がったり、サイエンス専攻の実験に驚いたり、保育・福祉コースの高校生と一緒にダンスをしたりと、様々な発表を楽しむことが出来ました。

 生徒にとって、一番近い将来の姿である高校生。高校生の頑張っている姿を見て、将来の自分の姿をイメージすることが出来た一日になったのではないでしょうか。

【キャリア教育】車いす体験 〜乗る人・サポートする人の気持ちを考えよう!〜

 本日はキャリア教育では福祉の授業として車いすの乗り方・使い方について学習しました。教室に車いすを運び、実際に車いすに乗ってみました。「段差とかちょっと怖い!」「便利だね!」と、様々な声が飛び交いました。サポートする人は車いすに乗っている人の気持ちを考えてスピードを調節したり、声をかけたりと相手を思いやる気持ちが大切であることを学びました。生徒たちは普段なかなか体験できない貴重な経験をしました。

【学習支援】書道で習う「とめ、はらい」

本日の集団授業国語表現では、書道を行いました。
今回の書道では、楷書体で自由に文字を書いていきました
まず払いや止めの練習をし、その後に「永」を皆で練習しました。永の字の「フ」の部分を書くのが難しく、子どもたちはとめやはらいを意識しながら真剣な表情で書いていました。

ひとつひとつの字について真剣に取り組む姿に、生徒の成長する様子が垣間見えました。

【学習支援】〜軟式テニスでエースを狙え!!〜

9月の集団授業・体育は、大宮体育館を借りて軟式テニスを行っています。生徒同士でペアを組みラリーをしたり、コーンを狙って球を打ったりと白熱した戦いになりました。

「もっとラケットに力入れてやってみよう!」「すごい10回続いたね〜!」など声を掛け合い、相手を思いやりながらテニスを楽しんでいました。身体を動かすことで心も体も晴れやかになり、ストレス解消に繋がりました。次回のテニスは試合形式で行う予定なので児童生徒達も今から気合十分です!

【学習支援】自分の苦手な単元を知る!〜基礎学力確認テスト返却〜

 東京大志学園さいたま校では、1年間に3回学期初めに英語・数学の2教科の「基礎学力確認テスト」を実施しています。
この試験は、生徒の学力到達度を測るために実施しており、自分の得意な単元・苦手な単元がわかるようになっています。

 本日は以前実施した試験の返却を行いました。生徒と教員で二者面談の形をとって、前回との比較や苦手な単元の確認などしっかり共有しています。
「前回出来なかった部分が出来た!」と喜ぶ生徒や、「ここわからないんだよね…」と苦手な部分を再認識する生徒の姿が見られました。
 間違えた部分の直しや、力を入れて学習していく単元がわかったので、生徒それぞれが自分の学習プランを再度確認することができました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室