不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】首都圏合同社会科見学!〜NHKスタジオパークへ行こう!〜

東京大志学園では、通常の時間割による学習支援の他に、月に1度課外活動を行っています。
その中で、年に数回、他教室との合同行事を開催し、今回は首都圏5教室合同で原宿にある「NHKスタジオパーク」へ社会科見学に行ってきました。

班ごとにNHKスタジオパーク内を見学し、アニメファクトリーでアフレコ体験をしたり、スタジオパークNEWSでニュースキャスター体験をしたりしました。アフレコを体験してみて、「難しい!」「声優さんってすごい!」といった声が多く聞こえ、また、ニュースキャスター体験をしてみて、「本格的でびっくりした!」と言っている生徒がいました。

今回の課外活動では、班ごとにまとまって行動することができ、今日1日楽しかったと言っていた児童・生徒が多く、楽しい課外活動にすることができました。


★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/2(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

【学習支援】考える力を伸ばそう!

東京大志学園では、集団性・社会性を身に着ける集団授業、習熟度を身に着ける個別授業と目的別に授業が分かれています。

今回は個別学習の数学・算数を行いました。各自で用意したテキストを用いたり、Web学習を利用し、学習していました。数学が苦手な児童・生徒も多く、頭を悩ませている姿が見受けられましたが、分からないことがあると先生に質問したり、大学生ボランティアスタッフに聞いたりして、学習への意欲を表していました。

質問に回答すると、「二けたのかけ算の時はこうやって計算するんだ」や「Yの数字に合わせて計算した方が楽なんだね」といった声が上がり、理解を深めていました。

個別学習は自分の学力に合わせて、自分のペースで学習できるため、授業の中だけでなく、自宅でも続けていって欲しいと思っております。


★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/2(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

【お知らせ】第1回教育シンポジウムを開催いたします

6月16日(土)に今年度第1回教育シンポジウムが開催されます。

講師:田原俊司先生(玉川大学教職大学院科長、臨床心理士、学校心理士)
内容:第1部 不登校を克服した生徒による体験発表
   第2部 講師による基調公演
 
日時:2018年6月16日(土)
時間:10:30〜13:00(10:15開場)
場所:公益財団法人こども教育支援財団法人 
    東京大志学園さいたま校
費用:お一人様1000円(ご夫婦での参加は1組1000円・会員無料)
定員:40名

今回は『不登校の子どもと「自分嫌い」〜自己肯定感を高めるために、保護者・教員ができること〜』というタイトルで、玉川大学教職大学院科長であり臨床心理士・学校心理士の田原俊司先生に講演していただきます。

【お申込み方法】
@お電話にてお申込み
AHP上でお申込み⇒こちらからお申込みいただけます
Bこちらのチラシを印刷していただき、FAXにてお申込み
  FAX(048-657-9169)

【お知らせ】第2回「親の会」を実施いたしました。

5月19日に、東京大志学園さいたま校に在籍している生徒保護者の方々をお招きして情報交換等を行う「親の会」を開催いたしました。今回の親の会は3部構成で進んでまいりました。


第1部では4,5月の教室活動報告として、普段なかなか見ることのできないお子様の様子を写真と共にお伝えしました。

第2部では、「聴く技術を学ぶ」をテーマにプチ学習会を行いました。実際にロールプレイを通して、相手にとって話しやすい聴き手の姿勢や逆に話しにくい姿勢を体験しました。保護者の方々はお話を大変集中されて聞いており、普段の話し方・聴き方を顧みる機会になったご様子でした。

第3部では、保護者の方がご自身の子どもとどのようなことを意識して関わっているかや進路のこと、学校連携についてなど様々なことを話し合う情報交換会を行いました。各ご家庭でのコミュニケーションの取り方や学校に望むことなど、それぞれの意見を出し合っていました。

普段なかなか話すことのできないことも同じ立場の方だからこそ話せる。「親の会」がそのような機会になっておりましたら幸いです。ぜひ、保護者同士の“ヨコ”の繋がりが感じられる教室へお越しください。


★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/2(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。



【学習支援】泥水はどうやったら分離できるのだろう?

東京大志学園では、集団性・社会性を身に着ける集団授業、習熟度を身に着ける個別授業と目的別に授業が分かれています。

今回の理科の授業では、前回の混合物・純物質に関する学習を活かして、「泥水はどのように分離できるのか」についてグループごとに考えました。

中学生が今までの学習を踏まえてビーカーや試験管や冷却器を使った本格的な装置の仕組みを考える一方で、小学生がザルやフライパンを使った斬新な方法を考えついたりと、グループごとに面白い意見が出て、泥水は色々な方法で分離することができることを学びました。

みんなで色々な意見を出し合いながら答えを求めていく面白さを感じながら、学力向上を目指していってほしいと思っております。


★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/2(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室