不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    通学:40,000円/月、週1回:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【キャリア教育】大学生ボランティア・高校生ピアアシスタントの存在

東京大志学園では、大学生ボランティアスタッフや高校生ピアアシスタントが一緒に活動しています。

1日1~2人程度の「ボラさん」と呼ばれる大学生ボランティアスタッフが、児童・生徒の学習をサポートしたり、休み時間や掃除など授業以外でもコミュニケーションをとっています。
また、「ピアレクリエーション」という授業では、提携高校であるクラーク記念国際高等学校の高校生が東京大志学園に来て授業をしています。

身近な高校生や大学生の存在は、子どもたち一人一人の見本となり将来のイメージがより明確になっていきます。日々の活動の中で、共に成長出来ると良いですね。


大学生ボランティアは、随時募集しております。興味のある方は下記までご連絡ください。

公益財団法人こども教育支援財団
東京大志学園 さいたま校
〒330-0804
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5
048-657-9170
saitama_info@kodomo-zaidan.net
担当:伊能・村山

【お知らせ】親の会を実施しました。〜子どもの新たな一面・成長を発見〜

 東京大志学園さいたま校では、2か月に1程度親の会を実施しております。生徒の教室での活動報告や、保護者様同士の交流の場を通して情報共有の場として活用していただいております。

11日(土)は東京大志学園に通う児童・生徒の保護者の方に向けた親の会が開催されました。内容は児童・生徒の活動報告、WEB学習の導入について、保護者の方同士の意見交換が行われました。
活動報告では、児童・生徒の学園での授業風景やイベント、課外活動の様子などスライドを見ながら説明がありました。

普段、家では見ることの出来ない子供の表情や友達と楽しそうに遊ぶ子どもの姿を見て「うちの子すごく笑ってる!」「この子が仲良しの○○ちゃんかな?」など保護者の色々な声があがりました。
自分の子どもの普段とは違った新たな一面や、些細な変化を発見し、他の保護者様同士の意見交換や情報を共有することで、子どもの様々な成長を実感する貴重な機会となりました。

【お知らせ】第6回 東京大志学園説明会を実施いたしました。

 11月11日(土)は、東京大志学園さいたま校の学園説明会を行いました。

 毎回、説明会では東京大志学園に通学している生徒にも普段のさいたま校の様子を紹介してもらいます。今回紹介を行った2名の生徒は、どちらも初めて代表に選ばれたため、会が始まるまで非常に緊張をしている様子でした。しかし、いざ本番になったら「大志学園までの通学方法」や「普段の服装」などさまざまな質問に一つ一つ丁寧に答え、生徒の飾らない素直な回答で参加された方々の緊張も和らいだように見えました。

また最後の個別相談会では、参加されていた生徒・児童たちと一緒にトランプを使って遊びに誘うなど、生徒たち自身から参加された方々と打ち解けようとする様子が窺えました。
 いつもとは違う説明会という場でも、いつもと同じように笑顔で明るく振る舞うことができる生徒たちの頼もしい姿を見ることができました。

【学習支援】調理実習「さつまいもを調理しよう!」

 東京大志学園では月に1回程度課外活動を行っており、子どもたちのコミュニケーション力や協働性を育んでいます。

11月は、課外学習で収穫したさつまいもを使って、調理実習としてふかし芋・大学芋風・コロコロサラダを作りました。調理に入るとさつまいもが硬く皮をむいたり切ったりに苦戦していました。

「かたーい!」「切りづらい…」などの声も聞こえましたが、みんな真剣な眼差しで取り組んでいました。さつまいもが煮えてくるといろいろなところから「いいにおーい」と声がこぼれていました。出来上がった料理を児童・生徒みんなで食べました。自分たちで収穫したさつまいもを自分たちで調理したのでより一層美味しく食べられましたね!

【コミュニケーション力】さつまいも掘りin川越!

 本日は、課外活動として、川越の農園においてさつまいも掘りをいたしました。掘ったイモの一部は、明日の調理実習の時間に食材として用いることになっているため、生徒達も気合いが入っていました。

農園では生徒達は、誰が一番大きいイモをとったか、誰が一番多くイモを掘ったか競い合いながら夢中で作業をしていました。一通り終わったころには、みな白い軍手や靴だけでなく、指先や靴下までが土で真っ黒になっていました。

また電車とバスを使って集団で移動する際には、中学三年生の生徒を中心として、先生の指示を下級生に伝えたり「こっちだよ」などと言って下級生がはぐれないようにしたりと、リーダーシップを発揮しているところも見られました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室