不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

さいたま校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
伊能 茉奈美先生

伊能 茉奈美先生

先生からのメッセージ
東京大志学園さいたま校では少しずつ自分の“出来ること”を増やして、みんなが笑顔になれる教室づくりを目指しています。「15分はやく起きられるようになった」「友だちと話すことができた」「苦手な問題が解けた」など、小さな“出来ること”でも少しずつ積み重ねていけば、大きな自信になっていきます。
私たちと一緒に“出来ること”をたくさん増やして、自信づくりをしていきませんか??
職員・大学生ボランティアスタッフ一同みなさんをお待ちしております!まずはお気軽にご連絡ください。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:40,000円/月、週1日プラン:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:18,000円(月4回、1回 90分)
    【入会金:30,000円】

    ファミリープラン:5,000円/月
    【入会金:10,000円】

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

さいたま校

さいたま校

〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2-69-5

  • TEL 048-657-9170
  • FAX 048-657-9169
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】元素について学ぼう!

東京大志学園では、集団性・社会性を身に着ける集団授業、習熟度を身に着ける個別授業と目的別に授業が分かれています。

今回は元素記号とその仕組みについて学びました。元素記号について聞かれると、生徒は一斉に「スイヘイリーベ」と語呂合わせを言っていました。その後、元素記号の書き方について学び、「H」のように大文字のみで表されるものと、「He」のように大文字と小文字で表されるものの違いを知り、また、二酸化炭素は「CO2」と表記されていることに対して、「二つの元素が組み合わさっているから、大文字で書かれているんだ」と納得していました。

さらに、原子の質量の求める際には、元素番号が陽子と電子の数であり、上に書かれている数字が質量であることから、「水素が一番小さいんだね」「他の元素はどうなんだろう」と関心を深めていました。

今回の授業を通して、様々な事に興味をもち、自主的に学ぶ気持ちが芽生えてほしいと思っております。


★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら
○7/7(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

【お知らせ】第1回教育シンポジウムを開催いたします

6月16日(土)に今年度第1回教育シンポジウムが開催されます。

講師:田原俊司先生(玉川大学教職大学院科長、臨床心理士、学校心理士)
内容:第1部 不登校を克服した生徒による体験発表
   第2部 講師による基調公演
 
日時:2018年6月16日(土)
時間:10:30〜13:00(10:15開場)
場所:公益財団法人こども教育支援財団法人 
    東京大志学園さいたま校
費用:お一人様1000円(ご夫婦での参加は1組1000円・会員無料)
定員:40名

今回は『不登校の子どもと「自分嫌い」〜自己肯定感を高めるために、保護者・教員ができること〜』というタイトルで、玉川大学教職大学院科長であり臨床心理士・学校心理士の田原俊司先生に講演していただきます。

【お申込み方法】
@お電話にてお申込み
AHP上でお申込み⇒こちらからお申込みいただけます
Bこちらのチラシを印刷していただき、FAXにてお申込み
  FAX(048-657-9169)

【コミュニケーション力】 体育祭!!!一致団結して競技に取り組もう!

東京大志学園では、学校行事を経験できるように系列高校と合同で行事を多く開催しています。その中の1つで、「体育祭」が行われました。

東京大志学園の児童・生徒は「大縄跳び」「100m走」「玉入れ鬼ごっこ」「通行手形」の4種目に参加しました。中でも「大縄跳び」は全員で団結して行う種目のため、競技が始まる前は、児童・生徒達はとても緊張している様子でした。しかし、始まってみると連続で多くの回数を跳ぶことができ、縄に引っかかっても諦めず跳び続けていました。また、他の競技でも、一人一人が全力で取り組み、お互いに応援し合ったりする様子が見られました。

体育祭では、東京大志学園の児童・生徒全員で一致団結し、全員が全力で競技に取り組む ことができました。体育祭で身につけた団結力を今後の生活に活かしてほしいですね!



★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら
○7/7(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

【コミュニケーション力】雨に負けるな!体育祭準備

東京大志学園では、学校行事を経験できるように、系列高校と合同での行事を多く開催しています。その中の1つに「体育祭」があります。

明日、6/7に系列高校と合同での体育祭を控え、生徒たちは東京大志学園オリジナル応援旗を作成しました。東京大志学園のカラーである白色の旗に、カラフルな絵の具を使ってハンドペイントで「TOKYO TAISHI GAKUEN」と書いていきます。

「もっと指を閉じたほうがよく文字が見えるよ!」「カーブのところが難しい!!」「時間がないよ!頑張ろう!」など、体育祭本番にも負けなそうな勢いで、役割分担をしながら旗を仕上げていきました。

休み時間には、明日の雨予報を吹き飛ばすためにてるてる坊主を作っていました。

明日の本番も、高校生にも負けない団結力で全身全力で挑んでいきましょう!



★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら
○7/7(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

【学習支援】現代社会の仕組みを知ろう!

東京大志学園では、集団性・社会性を身に着ける集団授業、習熟度を身に着ける個別授業と目的別に授業が分かれています。

今回の個別学習は社会で、多くの生徒が公民を学んでいました。公民は歴史のように昔のことを知るというよりは、今の日本はどのように変化していったのか、政治体制はどうなっているのかを知ることができる科目となっています。

教科書を読み進めていくと、選挙権についての内容が書かれており、かつては満25歳以上の男性のみに選挙権が与えられていたことに対し、「女性には選挙権がなかったんだね」「今は満18歳以上になったんだっけ?」というような声が上がっていました。

公民は現代社会のことを知ることができる科目であるため、授業以外でもメディアや新聞などを通して社会の仕組みについて学んでほしいと思っております。



★東京大志学園 さいたま校の今後のイベント★
○6/16(土)10:30-13:00 教育シンポジウム[詳細はこちら
○7/7(土)10:30-12:30 学園説明会[詳細はこちら

説明会以外でも随時、個別面談や見学をしていただくことができますので、気軽にご連絡ください。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室