不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
飯田 育実先生

飯田 育実先生

先生からのメッセージ
「チャレンジすることが楽しい!」そう思えるような教室づくりを心がけています。 札幌校は、自分のペースを大切にしながら、学習・課外活動等を通してみんなで学んでいける場所です。高校生と検定に挑戦したり、地域の方と触れ合ったり、一緒に「視野」を広げてみませんか?
教室の前に緑豊かな公園も広がり、子どもたちはとても落ち着いた環境で過ごすことが出来ます。東京大志学園で新しい自分を探す一歩目をみんなと一緒に踏み出しましょう☆★

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    ファミリープラン:5,000円/月
    【入会金:10,000円】

最新イベント

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【キャリア教育】北海道命名150年!高校生とともに学ぶ北の大地の魅力とは?

「北海道」と命名されてから、今年で150年!大きな歴史の節目となる今年、クラーク高校と合同で海道開拓の村・北海道博物館の見学に行きました。

テーマは「北海道開拓の歴史を学ぼう!」明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物を再現した野外博物館を見学し、北海道のいま・むかしについて歴史はもちろん、北海道に生息する動植物やアイヌ文化についても学ぶ機会となりました。

昼食は、北海道遺産にも登録されている名物「ジンギスカン」を頂きました。
食べ盛りの生徒たちは、高校生からもお肉をもらったり、良い交流も図れたようです。

道産子である大志の生徒たちですが、まだまだ知らないことも多かったようです。
改めて北海道の魅力や歴史、文化について知る機会となりました。

【学習支援】WEB教材を使用して“基礎学力”の定着を!

東京大志学園ではタブレットを使用したWEB教材を使って学習することができます。

学習内容は、小学校〜中学校までの基礎の学び直し・復習
中学校から高校進学に向けての学習、どちらも充実しています。

毎回生徒自身が学習の目標を決めて1単元クリアすることにチャレンジしています。

【お知らせ】第4回”親の会”を実施いたします

札幌校では、不登校または学校に行き渋りがあるお子様をもつ
小中学生の保護者様を対象に定期的に”親の会”を実施しております。

進学の準備や少しでも不安の解消などになるよう
保護者様同士の交流の時間となります。

和やかな雰囲気の中でお茶を飲みながら、お子様のことでお困りのことを
語り合い、お子様とのかかわりについて考える時間にしたいと思います。

少しでもお子様への関わりのヒントとなり、
保護者の方々に元気になっていただけるような会を目指します。

是非、ご参加ください。

また、お近くにお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非、ご紹介ください。


【日 時】
平成30年10月27日(土)15:00〜16:30


【お申込み方法】

@お電話にて(011-867-6218)
A東京大志学園札幌校のホームページから
Bこちらのチラシを印刷していただき、FAXにて(011-867-6217)

【学習支援】日本の選挙制度について学ぼう!〜公民〜

公民の授業では、日本の選挙制度について学びました。

自分がもし今18歳なら選挙に行くかどうかや親と投票所に行った時の印象など、それぞれが選挙に対する意見などを話し合いました。

選挙の仕組みを学ぶべく、それぞれグループに分かれて政党を作り、政党名・代表者(候補者)・「もし自分の町に新しい学校を作るなら?」ということをマニフェスト(政権公約)として作り、それぞれのグループの代表者が演説という形でプレゼンテーションしました。

グループワークを通じて他人の意見を聞く機会や理解する視点、自分の意見を伝える力を身につけていってほしいと思います!

【お知らせ】自分の身は自分で守る意識を〜クラーク高校と合同で集会を実施〜

9月10日(月)、3時間目の後に今回の地震を受けて、クラーク高校と合同で臨時集会を行いました。

クラークのキャンパス長:市田先生より、まずは全員無事だったこと、いつ起こるかわからない災害に普段から備える意識、少し落ち着いた今にしっかりと整理整頓をしておくことなどが話されました。

生徒たちは真剣な眼差しで話を聞いていました。

まだ余震が続くことが考えられます。
もしものときに動ける力、自分の身はしっかりと自分で守る意識を忘れずに行動していきましょう。



資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜