不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
飯田 育実先生

飯田 育実先生

先生からのメッセージ
「チャレンジすることが楽しい!」そう思えるような教室づくりを心がけています。 札幌校は、自分のペースを大切にしながら、学習・課外活動等を通してみんなで学んでいける場所です。高校生と検定に挑戦したり、地域の方と触れ合ったり、一緒に「視野」を広げてみませんか?
教室の前に緑豊かな公園も広がり、子どもたちはとても落ち着いた環境で過ごすことが出来ます。東京大志学園で新しい自分を探す一歩目をみんなと一緒に踏み出しましょう☆★

実施しているコース

2019年4月 会費改定のお知らせ

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    ファミリープラン:8,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】ラリーが何回続くかな?〜体育(卓球)〜

体育の時間では 今日は雨の為 屋内で卓球をしました。
卓球台を運びネットを張り、生徒同士で協力し合いながら準備をしました。
「久しぶりの卓球だけど、覚えてるかなぁ?」と、少々不安気味でした。

前回の卓球の復習でラケットの持ち方の確認をし、ラリー5回を目標に始めました。
始めは力の加減が分からずオーバー気味でしたが、先生のアドバイスを受けるうちに、5回以上のラリーが出来るようになり、どの生徒も満足な笑みでした。

次回は試合形式でトライしたいですね!

【学習支援】それぞれの学習目標に向かって進めて行きましょう!〜個別学習〜

個別学習の時間では それぞれが勉強する内容を決め、学習したい問題集やプリント・WEBなどで学習しています。

今日の時間では中学3年生はどれくらい到達しているか、英語と数学のプリント、中学1年生は漢字を学習し、「ここがまだかも?」「思ったよりも出来たかも?」「英単語を家でもっと勉強してくるね!」 など、今の自分の力を再確認し、家庭学習、次への学習目標につながったようです。

次回は、次の目標に向かってステップアップしましょう!

【キャリア教育】北海道の企業から学ぼう!〜”白い恋人パーク”工場見学&お菓子づくり〜

10月11日(金)、秋のお出かけ行事、石屋製菓“白い恋人パークチョコレート工場見学”へ行きました。

工場見学の後半は、お菓子作り体験で、世界に一つだけの“わたしの白い恋人”を作るというものです。
20周年を迎え、今年、施設がリニューアルした白い恋人パーク。
長く道民に愛され続けてきた北海道の銘菓“白い恋人”。焼きあがった白い恋人にチョコペンでオリジナルの絵や文字を書きました。
自分で食べるという生徒もいれば、家族への贈り物にするという生徒もいて、それぞれ思い思いに可愛く飾りつけしてオリジナルのクッキーができました。

どんな絵にしようか迷っている生徒に対しても、優しく話しかけたり協力し合ったり、協調性や相手を思いやる力も見え、成長した姿を見せてくれました。

白い恋人パーク工場見学は、とても充実した時間になったようです。

教室内で学ぶこと・外でしか学べないこと、どちらも大切にして、これからも日々過ごしていきましょう!!

【学習支援】共同作業!集中力アップ!みんなで何処まで出来るかな?〜総合〜

総合の時間では、クラスみんなで共同作業・集中力アップの目的で、パズルに挑戦しています。
1000ピースのパズルを、みんなで完成日・役割分担を決め、50分の授業時間の中でどれだけ進めて行くか、考えながら行っています。
「今日はどのへんまで出来るかな?」「ここの部分は私担当するね!」
「このピースないかなぁ?」など、みんなでピースを探す場面もあり、クラス全員でコミュニケーションをとりながら、一つの目標に向かって共同作業する大切さを学びました。

10月完成!楽しみですね!頑張りましょう!

【学習支援】10月の目標達成に向けて!〜WEB学習〜

WEB学習ではタブレットを使用した個別習熟学習をしています。
漢字・算数・数学・英語(文法)・英語(単語)の項目から構成されており、小学校から中学3年までの予習・復習も出来るようになっています。

月初めに一人一人で今月の目標を立て、目標に向かってそれぞれのペースで、苦手な分野から得意な分野の確認や強化をしながら進めて行きます。
わからない所は先生のアドバイスを受け理解をしながら進めて行き、月末には目標達成の確認をしながら、次月の目標を決め、学習の力をつけていきます。

「次回は今日の苦手な所からスタートしよう!」「もう一度この問題からやろう!」「家でもやってみようかな?」など、それぞれ学習に意欲的な言葉で授業は終わりました。

次回も目標達成に向けて、取り組みましょう!

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜