不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
服部 泰寿先生

服部 泰寿先生

先生からのメッセージ
「一人ひとりの可能性は無限大」小さな一歩を踏み出しませんか。
東京大志学園札幌校の活動は、一人ひとりのペースを大切にしながら、教科学習や検定取得・課外活動など年間を通じて行っています。様々な活動一つ一つがみなさんの「自信」となり、それを積み重ねることで、新たな可能性を広げることができます。みなさんの小さな一歩が、将来へ繋がる一歩となると信じています。まずは、お気軽に教室の様子を見に来てください、職員一同お待ちしております。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    ファミリープラン:8,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

9/1夕方から「未来の学校 ラジオ分室」放送スタート

東京大志学園を運営するこども教育支援財団では、2016年12月より、不登校に悩む保護者・教育関係者を支援するためにラジオ番組「未来の学校 ラジオ分室 〜不登校支援を考える〜」を提供しています。
*番組ホームページ
(これまでの放送のアーカイブも公開中)
http://www.radionikkei.jp/mirainogakko/

5年目を迎える2020年度は、お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世さんに番組パーソナリティをお願いし、3回シリーズで番組を放送します。

第1回目の放送は 9月1日(火)18:00-18:30
テーマは「コロナ禍の不登校生」 、ゲストは埼玉県立大学大学院教授 東宏行先生。

学期末・新学期を臨時休校で迎え、分散登校、短い夏休み、と異例づくめの学校現場。
不登校の子どもたちは、どのような気持ちで過ごしているのでしょうか? 

オンデマンド配信やポッドキャストを活用すれば、時間や場所を問わず、どこでもどなたでも無料で番組を聴くことができます。放送終了後もご利用いただけます。ぜひお聴きください。

ラジオの聴き方・意見の投稿方法は、番組ホームページをご覧ください。
http://www.radionikkei.jp/mirainogakko/

夏の特別プログラム:ボードゲームでSDG'sを考える

東京大志学園は全国13都市にあります。
オンラインで各校を結び、「夏休み特別プログラム・SDG'sプロジェクト」を7月から全4回で開催しています。

このプロジェクトでは、ボードゲームを用いて、SDG's(持続可能な開発目標)や、
自分が住んでいる地域でのSDG’sへの取り組みについて学びます。

8月27日(木)は、いよいよまとめとなる4回目の授業があります。生徒も楽しみにしています。

新学期スタート!

例年より短い夏休みが終わり、18日から夏休み特別時間割で教室を再開しました。

夏休み特別時間割では、東京や横浜等にある他の東京大志学園のみんなとオンラインでつながってSDGSについて考える等、いつもと違う時間割で学びました。

そして本日24日からは2学期スタートです。
2学期も楽しく過ごしましょうね。

お知らせ】夏季休暇中の教室閉室について

東京大志学園 札幌校は
8月4日(火)〜8月16日(日)まで
教室を閉室としております。

お電話での対応はできかねますので、ご了承下さい。
(HPより資料請求・個別相談会を随時受け付けております)

なお、ご対応は8月17日(月)以降となりますのであらかじめご了承ください。

【学習支援】理科:植物採取

気持ちよく晴れたこの日は、理科の授業で公園に行き植物採取を行いました。樹と雑草の葉の形の違いを観察したり、どんなところに生えているかなどを調べました。また、少し前に行った昆虫採取のときと今とで見かける虫が違うことも気が付きました。植物や昆虫について体験的に学ぶことができました。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜