不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
飯田 育実先生

飯田 育実先生

先生からのメッセージ
「チャレンジすることが楽しい!」そう思えるような教室づくりを心がけています。 札幌校は、自分のペースを大切にしながら、学習・課外活動等を通してみんなで学んでいける場所です。高校生と検定に挑戦したり、地域の方と触れ合ったり、一緒に「視野」を広げてみませんか?
教室の前に緑豊かな公園も広がり、子どもたちはとても落ち着いた環境で過ごすことが出来ます。東京大志学園で新しい自分を探す一歩目をみんなと一緒に踏み出しましょう☆★

実施しているコース

2019年4月 会費改定のお知らせ

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    ファミリープラン:8,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】タブレットを使った学習で”自主学習”の習慣化を!

東京大志学園は入会すると、タブレットを使用したWEB教材を使って学習することができます。

学習内容は、小学校〜中学校までの基礎の学び直し・復習
中学校から高校進学に向けての学習、どちらも充実しています。

毎回生徒自身が学習の目標を決めて1単元クリアすることにチャレンジしています。

自宅での自主学習の機会にもなっているという生徒たち。
夏休み期間もWEBを使って学習に取り組みましょう!!

【キャリア教育】札幌校活動紹介B高校生の背中を見ながら成長できるプログラムがあります!

札幌校では連携する”クラーク記念国際高等学校”の高校生と行事を一緒に行ったり、高校生が大志学園に遊びに来てくれるという交流ができる機会が数多くあります。

毎年、クラーク高校の文化祭では、模擬店やステージ発表に参加させてもらい、大志学園の生徒たちは当日の運営や発表という目標に向けて準備を重ね、最後までやりきる力や人前で自己表現する力を身に着けています。

それが自信となり、次のステップに進めるきっかけになれば良いと考えています。

【お知らせ】夏季休暇に伴う”閉室”について

東京大志学園札幌校は8月10日(土)〜20日(火)まで
夏季休暇期間のためお休みとなります。

お電話での対応はできかねますのでご了承ください。

なお、メール・FAXについては受け付けております。
※返信については後日となります

★お問合せ・資料請求の発送は8月21日(水)以降となります

★相談会・親の会へのご参加についてはメールにてお願いいたします。
メールアドレス:sapporo_info@kodomo-zaidan.net

★21日(水)より教室は開いております。
ご相談・ご見学などお気軽にご連絡ください。

【学習支援】夏休みの自由登校で”苦手”を克服!

夏休みは”自分の苦手克服””これまでの復習”にじっくり取り組めるチャンス!
札幌校では夏休み中も”自由登校”期間を設けて学習を行っています。

WEB学習をはじめ、在籍中学校から出ている課題など、
それぞれ思い思いにじっくりと取り組んでいます。

勉強するときはしっかり、そして、思いっきり遊んで北海道の短い夏を満喫してほしいと思います!

【お知らせ】不登校についてのシンポジウムを実施しました

8月3日(土)、2019年度1回目の【教育シンポジウム】を開催しました。
今回は「不登校・「学校に行けない」とはどういうことか〜親・教師は何から始めたら良いか〜」というテーマで、日本学校教育相談学会会長の栗原慎二先生(広島大学大学院教授)にお越しいただきました。

第1部は“生徒の体験談発表”で大志学園と連携しているクラーク記念国際高校に通う生徒が作文発表をし、その後、インタビュー方式で話をしてくれました。
小中学校時代の不登校の期間を経て、当時を振り返り、どんな気持ちだったのか、学校に行っていないときに考えていたことや親・学校・友達の環境などを自分の言葉で語りました。当時を思い出し、感極まる場面もありましたが、一生懸命話をしてくれました。

第2部は“栗原先生の基調講演”で、不登校というトンネルの中にいる状態の子どもたちの気持ちを理解するために必要なことについてご講演いただき、その年齢での発達課題を満たす必要性、大人は信頼関係を築きながら、子どもたちが発達課題をクリアできる応援をすることの重要性についてお話していただきました。

また、今回のシンポジウムは大志学園を卒業し、クラーク高校に通う生徒たちが運営しました。

今年度、札幌校での教育シンポジウムは全2回予定しております。
今後もこのような機会を大切にし、共に支援のあり方を考え、子どもたちの元気を支えるサポートをしていきたいと思います。

東京大志学園札幌校では随時、ご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

ご参加いただいた皆様、有難うございました。



資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜