不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

札幌校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
服部 泰寿先生

服部 泰寿先生

先生からのメッセージ
「一人ひとりの可能性は無限大」小さな一歩を踏み出しませんか。
東京大志学園札幌校の活動は、一人ひとりのペースを大切にしながら、教科学習や検定取得・課外活動など年間を通じて行っています。様々な活動一つ一つがみなさんの「自信」となり、それを積み重ねることで、新たな可能性を広げることができます。みなさんの小さな一歩が、将来へ繋がる一歩となると信じています。まずは、お気軽に教室の様子を見に来てください、職員一同お待ちしております。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜4日プラン:36,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ※小学生会員募集中。詳しくはこちら

  • サポートコース

    ファミリープラン:8,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ※詳しくはこちら

最新イベント

札幌校

札幌校

〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11−18

  • TEL 011-867-6218
  • FAX 011-867-6217
所在地

東京大志学園札幌校は、「札幌市フリースクール等民間施設事業費補助金」交付校です。
定期的に出かける課外学習は交通費以外は自己負担なしで参加できるなど、補助金を活用して教育活動の充実を図っています。

資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】ノートの取り方

東京大志学園では、全国の大志学園の教室と
オンラインでつながり、対面授業と組み合わせた
ハイブリッド授業を定期的に行っています。

先日はノートの取り方について学びました。

〇×クイズで、ノートの取り方について
学んだあとは、
実際に「箇条書きトレーニング」に挑戦しました。

少し長めの文章を、自分なりに見やすくまとめます。
見出しに<>をつけたり、( )の中に補足を入れたり
するだけで、グっとみやすくなりましたね。

ただ写すだけではなく、考えながらまとめると
ノートをとるだけで、頭に入りやすくなるそうです。

さらに、ノートの箇条書きを見ながら、
それを説明することにも挑戦しました。
こちらは、要点を伝えながら話す良いトレーニング
になりますね!

今後に生かしていきたいですね。

【コミュニケーション力】先生のマジックショー

総合の時間は、いろいろなアクティビティを
通して、コミュニケーションを測る時間となっています。

先日は、先生が昔なつかしのマジックを
いくつか披露してくれました(^^)

残りの時間では、トランプや、
「なんじゃもんじゃ」というカードゲームで
盛り上がっていました。

数か月前と比べると、みんなの
会話も増えて、お互いにコミュニケーション
をとる姿も多くみられ、成長を感じる今日この頃です!

【学習支援】芸術 手作りハンコ

先日の芸術の授業では、
発砲スチロールを使って、手作りハンコを
作成しました。

下書きをして、発砲スチロールの上から
油性ペンで強めになぞります。
彫らなくてもよいので、手軽にできるのが
良いですね。

1回目は、イラスト
2回目は自分の名前に挑戦しました。
(2枚目の写真は先生の作品です。)

みんな、味わいのあるハンコを作ることが
できましたね。
先生もお家で挑戦しようと思います!

【学習支援】理科 ペーパークロマトグラフィ実験

こんにちは。

理科の授業では、何やら難しそうな名前の?!
実験をしていました。

「ペーパークロマトグラフィ」

紙と水やアルコールなどの液体を使って、混合物を分離
させる実験だそうです。

キッチンペーパーに、油性ペンや水性ペンで記しをつけ、
液体に浸すと、にじんだり、広がっていきます。

油性ペンは、水には反応しませんでしたが、
アルコール消毒液に浸すと、みるみる滲んでいき、
少し変色したものもありました。

濃い色のペンは、何色も色を重ねてある
ので、分離させると、違う色がにじんできたり
するんですね。

紙や、液体の種類を変えると、また違う反応
が出たりすることもあるそうです。

おもしろいですね!

【キャリア教育】みんな違ってみんないい

全国ハイブリッド授業では、他校と交流しながら
共通のテーマについて学んでいます。

昨日は、多様性について学びました。
心理クイズに挑戦したり、自分の大事にしたいことランキングを
お互いに発表し、意見を交換しました。

札幌校では、1位が家族、安定、お金(?!)など
分かれました。
それぞれの理由を聞いて、そういう考えも
あるんだなぁ、とお互い知ることができましたね。

多様性の社会では

「他者を知り」
「自分を知る」
「違う意見を受け入れる」

ことが大事とのこと。
しっかり頭に刻み込んでおきたいですね。


授業の最後には、他校の生徒さんと交流して
お互いの方言のクイズをしました。

札幌校からの問題は。。。

「こわいわ〜」です。


意味は。。。「疲れたわ〜」です(^^)

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜