不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

仙台校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
三谷大介 先生

三谷大介 先生

先生からのメッセージ
「ちょっと面白そう」、とか「楽しそう」、そんなことを感じたら、すぐに調べてみましょう。分かったら楽しい。分かったら誰かに話したくなる。仙台校では、そんな純粋な気持ちから始まる学びを大事にしています。本やネットの情報ではなく、人や物と実際に関わって「体感」してみましょう。そのさまざまな学びや体験をすることで、小さな自信が生まれます。
「東京大志学園」ではひとりひとりの個性をしっかり伸ばすお手伝いをしたいと考えています。仙台校の職員、スタッフ一同でお待ちしております。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

仙台校

仙台校

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

  • TEL 022-256-5554
  • FAX 022-791-3444
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】伊達政宗展を見学〜仙台市博物館

校外学習で、仙台市博物館で行われている伊達政宗展を見学しました。
伊達政宗は、言わずと知れた宮城県が誇る戦国武将。独眼竜政宗、隻眼の武将としても有名ですよね。
今年が生誕450周年ということで、学習を兼ねて見学に行きました。
展示は写真が撮れないのですが、有名な写真や甲冑が展示されていて、みんな見たことがある、と話していました。
片目が見えないというハンデを物ともせず、見事に戦国の世を生き抜いた伊達政宗がいたから、仙台の今があることを勉強できましたね。

【学習支援】先生の言葉が聞き取れるかな?生きた英語をヒアリング

英会話の時間は、クラーク高校で英語を教えるカナダ人のキンズマン先生が担当してくれています。
英語を楽しめるように、いろいろな工夫をしてくれていますが、
今回の授業では、キンズマン先生が読んだ英文をみんながホワイトボードに書いていきました。
なんとなく、聞き取れたと思っていても、意外と難しくて、全員の答えがいろいろになってしまいます。
正しい発音を聞き取ることは難しいと思いましたが、普段から先生に教えてもらえることで、英語が少しずつ身近になってきたように思いますね。

【学習支援】WEB学習の進捗をカウンセリング

WEB学習は各自が自分の苦手分野を克服するために、好きな部分から学ぶことができます。
その一方で、どこから手をつけたらいいのか悩むところですよね。
そこで、各自の進捗シートを使って、面談型のカウンセリングを実施しました。
みんな自分の好きな科目を積極的に学習していますが、逆に教科ごとの進捗に大きなばらつきが出ています。
効率良い学習のために、自分がちょっとわかりにくいと思っている部分を見つけて、その部分を学んでいくことが大事です。
先生からアドバイスを受けて、早速、進める課題をみんな修正して、やってみました。
ちょっと難しいところもありましたが、満点を取れてしまうところは、学ばなくてもできていたと考えられます。
確実に力をつけられるように頑張りましょうね。

【コミュニケーション力】トランプブーム到来?!

教室でフリータイムの時間はこどもたちにとって大事な息抜きの時間にもなっています。
今、流行しているのはトランプです。
単に楽しみだけではなく、毎日のように集まって遊ぶことで、生徒たちが必勝法を探したり、ルールを調整したりといろいろ研究が進んでいます。
先生方も一緒にやってみると生徒の強さにびっくりしていました。
ゲームを頭脳スポーツとして捉える国も多くなってきて、遊びと言ってもバカにできませんね。
こうやって生徒に思考力、判断力が養われていくことがわかりますね。

【その他】親の会を実施しました

11月度の親の会を実施しました。
親の会は、会員の保護者の皆様への情報交換や、一般の方への相談を共有する場として定期的に実施をしています。
今回は、教室担当の三谷から季節の変わり目に起こりがちな体調不良のタイプと、その対処について、家庭でできるアドバイスを行いました。
その後、教室でお茶をしながら各ご家庭の状況などを話し合いました。
同じ悩みを共有している方がいることがわかったりするだけでも、随分と楽になります。
保護者が明るくなれることが、不登校からの学校復帰の第一歩に繋がることもあります。
親の会で、少しだけ笑顔に戻った方が今回もいたのがとても素晴らしかったと思います。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室