不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

仙台校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
三谷大介 先生

三谷大介 先生

先生からのメッセージ
「ちょっと面白そう」、とか「楽しそう」、そんなことを感じたら、すぐに調べてみましょう。分かったら楽しい。分かったら誰かに話したくなる。仙台校では、そんな純粋な気持ちから始まる学びを大事にしています。本やネットの情報ではなく、人や物と実際に関わって「体感」してみましょう。そのさまざまな学びや体験をすることで、小さな自信が生まれます。
「東京大志学園」ではひとりひとりの個性をしっかり伸ばすお手伝いをしたいと考えています。仙台校の職員、スタッフ一同でお待ちしております。

実施しているコース

2019年4月 会費改定のお知らせ

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:40,000円/月、週1日プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:20,000円/月

    ファミリープラン:8,000円/月

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ※通学コース週2〜5日プランの月会費については、平成31年4月から平成32年3月までは40,000円とし、平成32年4月から42,000円となります。

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

仙台校

仙台校

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

  • TEL 022-256-5554
  • FAX 022-791-3444
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【コミュニケーション力】今年初めのフリータイムの時間です

東京大志学園仙台校では週に一度フリータイムの時間があります。
毎回どのようなゲームをするのか子どもたちが自主的に話し合って決めています。

今日は2つのグループに分かれてゲームをすることになりました。
トランプやカードを使い、互いにコミュニケーション力を高めながらゲームを進めていきました。
大声で笑ったり、時々歌ったり(?)して楽しくすごしていました。

【学習支援】冬休みの作文から探し出そう!

英語の授業では冬休みの出来事や楽しかったことなどを日本語で書いていました。
なぜ、日本語で書いていたのか?
その日本語で書いた作文の中から先生が選んだ単語を英和辞書で調べるという授業でした。
日常的に使っている言葉を辞書で調べることによって、いろいろな英単語に触れることができます。
小学生はまず、辞書の引き方から中学生のお兄さん、お姉さんに教わり、チームとなって頑張っていました。

【学習支援】被服について学びました

今日は朝から雪が降り、一段と寒さを感じます。

今日の1時間目は家庭科です。被服の表示について学びました。
「皆さんが着ている服についているタグには何が書いてありますか?」
との質問から授業は始まりました。
タグを見ることで、作っている会社や洗濯方法の表示などたくさんの情報を知ることができます。
生活していく上で実用的なことも楽しく学習することができましたね。

【学習支援】社会では貨幣の役割について学びました

年が明け、いよいよ本格的に授業が始まりました。
東京大志学園仙台校の社会の時間は週二回あります。

今日は貨幣の役割と金融についての授業をしていました。難しい単元ですが、クラーク高校の先生がわかりやすく授業を進めてくれるので、小学生の子どもたちも楽しく参加することができます。

【コミュニケーション力】新学期が始まりました

本日、東京大志学園仙台校では始業式を行いました。

子どもたちはいつも通り、けがや病気もなく元気に登校してきました。冬休み中は友人や家族と初詣に出かけたりと楽しく、ゆったりと過ごせたようです。

始業式の後は新年恒例の書き初めです。
今年の課題は「成長」。子どもたちはそれぞれの思いを込めて丁寧に書き上げました。
課題の他に今年の抱負を書きました。学習面では「○○を頑張る!」、生活面では「○○に気をつける!」など今年の目標となる言葉をじっくり考えました。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜