不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

仙台校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
三谷大介 先生

三谷大介 先生

先生からのメッセージ
「ちょっと面白そう」、とか「楽しそう」、そんなことを感じたら、すぐに調べてみましょう。分かったら楽しい。分かったら誰かに話したくなる。仙台校では、そんな純粋な気持ちから始まる学びを大事にしています。本やネットの情報ではなく、人や物と実際に関わって「体感」してみましょう。そのさまざまな学びや体験をすることで、小さな自信が生まれます。
「東京大志学園」ではひとりひとりの個性をしっかり伸ばすお手伝いをしたいと考えています。仙台校の職員、スタッフ一同でお待ちしております。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:37,000円/月、週1日プラン:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:20,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ファミリープラン:5,000円/月
    【入会金:10,000円】

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

仙台校

仙台校

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

  • TEL 022-256-5554
  • FAX 022-791-3444
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】プレゼンテーションを実際に行いました

パソコンの授業に取り組んだプレゼンテーションの授業で、各自の好きなものを紹介するスライドを作りました。
最後にスクリーンを使って、各自のスライドを見せながら、プレゼンテーションに挑戦しました。
人前で話すことは緊張するものですが、みんなしっかりと好きなものの魅了を伝えてくれました。
ゲームやアイドル、ペットや電車など様々なテーマがあって、みんなも楽しく見ることが出来ました。

先生からは、文字を少し減らしたり、色を工夫することで、本当に伝えたいことにポイントを絞って伝えることができるというアドバイスをもらいました。
表現する力はこれからの社会で重要なものです。少しずつ、その力を養っていきましょう。

【コミュニケーション力】年内最終日。クリスマス会を実施しました

東京大志学園仙台校の活動も、年内最後。
クリスマス会を実施しました。
今日は、生徒たちが主体で、お菓子を準備。ホットケーキも文化祭以来で、焼いてこれまでの頑張りを話し合ったりしました。
最後は、プレゼントを賭けて、ビンゴ大会。生徒たちが持ち寄ったプレゼントをビンゴで交換しました。
例年、自分のものが回ってきたりすることが多かったですが、今年はうまく行き渡ったようで一安心。
笑顔の絶えない1日でした。
最後はしっかりと教室を清掃して、終業式。
年明け、元気に会いましょうね。

※明日以降、仙台校は生徒は登校していませんが、26日までは教室は開いております。
ご見学やカウンセリング希望の場合は、お気軽にご連絡ください。
また、HPニュースは12月の様子を少しずつ、更新していきますのでお楽しみください。

【学習支援】英単語を覚えるコツ

仙台校の英語の授業で、時々、実施している単語しりとり。
英単語を調べながら学習する上で、楽しみながら語彙力を増やすことが出来ます。
今日は少しルールがレベルアップ。
先生が「次は名詞」とか「動詞で」と、品詞を指定して書くルールを付け足しました。
みんな、辞書を片手に、意味を覚えながら品詞を探すことで、辞書の細かい部分の使い方も学んでいました。
単語学習は地道ですが、覚えることで世界が広がります。
楽しみながら、各自の語彙力アップにつなげていきましょう。

【学習支援】パソコンを使って、自分の好きなもののプレゼンを作りました

東京大志学園仙台校では、毎週、1時間、パソコンの授業があります。
この時間は、提携高校の情報科の先生がパソコンの活用について教えてくれます。
今日はパワーポイントという、プレゼンテーションソフトを学びました。
自分の好きなものをテーマに、画像や文字を紙芝居のように貼り付けて、資料を作って行きました。
初めての子どもも多いですが、そこは現代っ子。すぐに素材写真などを使って、楽しく自分の趣味などを紹介することができるようになりました。
今後の社会でも、表現力を持つことは非常に大事になります。徐々に上手に表現できるようになりたいですね

【学習支援】商売の仕組みとは?経済の成り立ちを学びました

社会の授業は、歴史、地理、現代社会など様々なテーマで行っています。
今回は、経済と商業について学習しました。
ものが売り買いされる仕組みとその値段の仕組みなど、自分たちの日常生活との関わりがあって、わかりやすい話でしたが、知らないことも多くて、なるほどと感じました。
教科書や授業でない場所でも、みんなは普段からたくさんのことを学んでいることを実感しました。

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜