不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

仙台校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
三谷大介 先生

三谷大介 先生

先生からのメッセージ
「ちょっと面白そう」、とか「楽しそう」、そんなことを感じたら、すぐに調べてみましょう。分かったら楽しい。分かったら誰かに話したくなる。仙台校では、そんな純粋な気持ちから始まる学びを大事にしています。本やネットの情報ではなく、人や物と実際に関わって「体感」してみましょう。そのさまざまな学びや体験をすることで、小さな自信が生まれます。
「東京大志学園」ではひとりひとりの個性をしっかり伸ばすお手伝いをしたいと考えています。仙台校の職員、スタッフ一同でお待ちしております。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

仙台校

仙台校

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

  • TEL 022-256-5554
  • FAX 022-791-3444
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】第二次世界大戦が起きた理由って〜近代史の学習

社会の時間には、歴史、地理、現代社会など満遍なく学んでいます。
学校復帰に十分な学習姿勢を身につけていくことができます。

今日は第2次世界大戦に至る、世界の状況について学びました。
日本が敗戦国となる最初の大きな戦争だったと聞いて驚きました。
勝ち続けていたからこそ、無謀な戦争に突き進んでしまったんだよ、と教わって驚きました。
自分が調子いいからって、周りが見えなくなることは怖いですね。

【学習支援】エクセルでお絵かきしてみよう

パソコンの操作を学ぶことは、将来、社会に出た際にとても大事な技能になります。
東京大志学園では、中学校から情報処理の基本的な部分を学習し、高校に進学した際にも安心できる体制を整えています。

普段のパソコンの時間には、ワードやエクセルの基本動作を学んでいます。
今日の授業では、エクセルのセルの形を変えたり、色をつけることを学びながら、ドット絵の作成に挑戦しました。
先生から出されたお題をみんなで楽しんで描きながら、操作の基本を身につけていきました。
楽しみながら、難しいパソコンを学べるっていいですね。
みんなももっとやってみたいと、自宅に課題を持ち帰ったりしていました。

【学習支援】トランペット吹きの休日が全然休んでいない理由は?

音楽の時間は歌や楽器の練習もありますが、教科書にあるよう音楽史も学びます。
三谷先生が今日は特別授業で、金管楽器の歴史について話してくれました。
先生はトロンボーン奏者でもあって、演奏活動もしているのですが、今日は歴史です。
トランペットやトロンボーンが戦争や宗教的な場面で使われていたというのは驚きでしたね。
最後に、先生が聞かせてくれたのが、運動会などでも有名なトランペット吹きの休日でした。
曲名だけを聞いて、イメージした感じだと、ゆったりした曲かな、と思っていましたが、とてもスピードが速い曲でびっくりです。
でも、今日の授業を聞いたみんなが考えて、答えにたどり着くことができました。
軍隊で時報がわりに曲を吹いていたトランペット吹きにとって、休日くらいは好きにいっぱい楽器を演奏したいという気持ちの表れなんですね。ちょっと納得できた授業でした。

【学習支援】確率をトランプで実験

集団学習では一方通行になりがちですが、生徒の実体験もできる工夫をしています。

数学の時間では、確率の学習をしました。
フリータイムには生徒たちがトランプで遊ぶこともあります。
それに組み合わせて、トランプを使って確率を学びました。
カードでの1が出る確率ってなんだろう、ということで、カードを引きながら実験します。
最初は21枚目に出たのですが、その後、1枚目にまた1が出ました。
何回か繰り返すと、実際の確率に近づいていくことを実感できました。
教科書だけではわからないことってあります。こうやって楽しく学ぶことで、苦手教科も少しずつ克服できます。
頑張りましょうね。

【学習支援】戦争の始まりってなんだろう〜歴史の難しさを考える

集団学習では、みんなの意見を先生が吸い上げながら授業を展開しています。
こういった参加型の授業体験は、学校復帰した際に自信を持って教室に入ることにつながります。

今日の社会の授業のテーマは、満州事変。
日本が欧米列強に対抗するために、富国強兵を進めていく中で、中国進出を図った事件です。
時代背景を説明しながら、日本が軍国主義化していく様子を学ぶと、みんなはそんな理不尽だめだよ、という意見が大半。
戦争の大義名分のおかしさを指摘していました。
歴史とは、各国の駆け引きなどが交錯しますが、戦争に正しさなんてないですよね。みなさんの意見は正しいですよ。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室