不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

仙台校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
三谷大介 先生

三谷大介 先生

先生からのメッセージ
「ちょっと面白そう」、とか「楽しそう」、そんなことを感じたら、すぐに調べてみましょう。分かったら楽しい。分かったら誰かに話したくなる。仙台校では、そんな純粋な気持ちから始まる学びを大事にしています。本やネットの情報ではなく、人や物と実際に関わって「体感」してみましょう。そのさまざまな学びや体験をすることで、小さな自信が生まれます。
「東京大志学園」ではひとりひとりの個性をしっかり伸ばすお手伝いをしたいと考えています。仙台校の職員、スタッフ一同でお待ちしております。

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:37,000円/月、週1日:15,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • メンタルサポーターコース

    20,000円/月
    【入会金:30,000円】

  • ファミリー会員コース

    5,000円/月
    【入会金:10,000円】

  • アフターケアコース

    10,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

仙台校

仙台校

〒984-0051
宮城県仙台市若林区新寺1-7-20

  • TEL 022-256-5554
  • FAX 022-791-3444
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】楽譜を書き写してみよう

音楽の授業では、クラーク高校の音楽の先生がいろいろなことを教えてくれます。
今日は、楽譜を書いてみようということで、楽譜の記譜法を教えてもらいながら、既存の曲を写譜することに挑戦しました。
みんな飲み込みも早くて、スラスラと書いていましたよ。
自分の曲をゆくゆくは書けるようになるといいですね。

【学習支援】証明問題ってどう考えるの?

数学でみんなが苦手にしているのが、証明問題ですね。
図形の証明を扱いながら、みんなで考え方をまとめていきました。
計算問題だと、目の前の計算を順番にやっていくと答えが出ます。
でも、証明だと「仮定」と「結論」が最初に示されます。
ここから、途中をつなげるパーツを見つけて、一つの文章を作っていきます。
理屈がわかれば、みんな何が必要なのか考えて見て・・・出来ましたね。
答えにたどり着く方法が違うことを学べば、難しい証明問題でも大丈夫ですね。

【学習支援】学校の学習ペースに追いつくこと

東京大志学園では、様々な学年の子どもたちが通っています。
なので、集団授業といっても、特定の学年の特定の科目を進めて学習しているわけではありません。
でも、学校復帰に向けては自分の学年の学習にしっかりついていけることが大事になります。
そのため、それぞれの科目の時間割には個別学習を行う時間が設定されています。
この時間を使ってみんなは自分の苦手にチャレンジしたり、得意な力をもっと伸ばしたりしています。
集団と個別をうまく組み合わせることで、学習ペースを自分の学年と同じに近づけて、学校復帰への自信をつけることができます。

【学習支援】顕微鏡を使って細胞を観察

理科実験は月1回の特別な授業。
今日は細胞の観察実験を行いました。
玉ねぎの表皮を剥がし、酢酸オルセイン溶液で染色。プレパラートを観察しました。
教科書に載っているような細胞が実際に見えるとみんなから歓声が上がりました。
実際に体験することって大切ですよね。
人間の細胞も観察して、細胞について考えることもできるようになりました。

【学習支援】WEB学習始めます

東京大志学園の通学生を対象に、パソコン、タブレットなどを使ってできる学習コンテンツが使用できるようになりました。
これまで、どうしても学習教材は市販のものを各自持ち寄ったり、学校のワークを進めていました。
でも、できるところをしっかり学んだり、復習や先生からの適切な指導、アドバイスをもらうことは簡単ではありませんでした。
そこで、提携しているクラーク高校の学習コンテンツを東京大志学園の通学生にも提供いただけることになりました。
小学館、学研とクラーク高校が共同開発したコンテンツで、小学校、中学校内容をカバーしています。学習状況の管理も先生が行えるので、不足しているところが一目瞭然。みんなの学力アップに貢献すると思います。
今日は生徒にガイダンスを行いました。みんな楽しそうに体験できていましたよ。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室