不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

静岡校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
川守 知佳子先生

川守 知佳子先生

先生からのメッセージ
静岡校では、子どもたちの「心の居場所」になれるような雰囲気作りを心掛けています。
私たちと一緒に「出来ること」を一つずつ増やしていきましょう。それがきっと自信につながります。ゆっくりでもいい、自分のペースで歩んでいけるようにサポートしていきます。まずは一度教室に来てみませんか?職員、大学生ボランティアスタッフ一同で皆さんをお待ちしております!!

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:36,000円/月、週1日:16,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

  • 現在イベントの日程調整中です。

静岡校

静岡校

〒422-8061
静岡県静岡市駿河区森下町4-20

  • TEL 054-202-8282
  • FAX 054-281-7577
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【キャリア教育】美術鑑賞って何のためになるの?

東京大志学園は「学校への登校にチャレンジしてみようかな」という気持ちを育むことを理念としています。そのため、時間割を設けて一日の活動を決めています。
 その考え方を踏まえ、連携しているクラーク記念国際高校の校舎の中に教室を置いており、高校の先生が大志の授業をいくつか受け持ってくれています。その中に「デッサン」の時間があります。
デッサンの時間に「先生、今度課外活動で美術館に行くのですが、何のためになるんですか?」と質問した子がいました。先生は、「色々な種類の芸術に触れることで、1つに固執されない表現のしかたを知ることができるし、そこでのマナーも学ぶことができるんだよ」と話してくれました。静岡校でたくさんの人と出会い、自分の将来像が描けるような人になってほしいなと思いながら日々の活動をしています。

【学習支援】裏返るカード?!

静岡校の大人気科目に「理科実験」という授業があります。子ども達はこの時間を毎週楽しみにしていて、今日は何をするのかなあとワクワクしています。
今回は空気の流れを知るための実験でした。机に置いたカードを手を使わず息を吹きかけて裏返しにするのです。子ども達は力の限り息を吹きかけてみましたが、カードは裏返りません。何度も繰り返してどの辺りに息を吹けばよいのかが分かり、くるりと裏返すことができました。
この「理科実験」の授業ですが、学年を問わず楽しむことができます。小学生も中学生も一緒に、お互いに声を掛け合い楽しみながら学んでいるので、見学・体験にもおすすめです。

【学習支援】WEB教材を使って復習しています

静岡校では昨年の10月からWEB学習を取り入れています。
国語・数学・英語の3教科を単元ごとに学習することができます。
それぞれ20の問いがあり、わからなくてもヒントを見られるように設定されていたりと自分のペースで学習が進められるようになっています。単元ごとになっているので自分の得意や不得意がすぐにわかり、苦手なところだけを復習することもできます。できた!がわかりやすい構成になっているので子ども達のモチベーションも上がりやすいです。一緒に楽しみながら学習していきましょう。

【学習支援】英語の時間〜数字を覚えよう!

静岡校には中学生と小学生が同じくらいの割合で通ってきています。教科の時間には、中学生が小学生にわからないところを教えてあげたりもしています。今日の英語の時間には小学生は1から20までの数字を覚えることと、スペルの勉強をしました。大志で日々勉強を積み重ねてきた中学生がお手本を見せてくれたことで小学生の子は私も、僕も頑張ればできる!と思うことができたようです。中学生はお手本を見せることで自分の復習にもなるので、お互いに良いことづくめです。わからなそうにしている子には自然と声を掛けるような雰囲気の教室です。見学も随時受け付けていますので是非見に来てくださいね。

【コミュニケーション力】高校生と凧あげをしました!

静岡校では連携しているクラーク記念国際高等学校で行われている「ピアアシスタント」の授業に参加しています。ピアは仲間、アシスタントは支援者を意味していて、仲間同士で助け合える存在になるために心理学の勉強をしています。静岡校の大志の子ども達はこの時間を毎週楽しみにしていて、今日は何するの?と通室したらすぐに尋ねてきます。今回のピアの時間はグループに分かれ凧を作ってあげよう!という内容でした。グループ名をつけて結束を高め、凧を作り上げていきます。高校生のお兄さんお姉さんが上手くサポートしてくれるので子ども達も安心して頼ることができます。いつか高校生になったらこんなお兄さん、お姉さんみたいになりたいな、と子ども達はよく口にします。少し先の将来像が描きやすい環境であるということが大志の特徴でもあります。
凧が完成したグループから外に出て凧上げをしました。寒くて手がかじかんでしまいましたが、風も良い具合にあったのでうまく上げることができました。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室