不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

静岡校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
川守 知佳子先生

川守 知佳子先生

先生からのメッセージ
静岡校では、子どもたちの「心の居場所」になれるような雰囲気作りを心掛けています。
私たちと一緒に「出来ること」を一つずつ増やしていきましょう。それがきっと自信につながります。ゆっくりでもいい、自分のペースで歩んでいけるようにサポートしていきます。まずは一度教室に来てみませんか?職員、大学生ボランティアスタッフ一同で皆さんをお待ちしております!!

実施しているコース

  • キャンパスコース

    週2〜5日:36,000円/月、週1日:16,000円/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

静岡校

静岡校

〒422-8061
静岡県静岡市駿河区森下町4-20

  • TEL 054-202-8282
  • FAX 054-281-7577
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】個別学習

東京大志学園では、集団学習と個別学習とがあります。それぞれの習熟度に合わせて自分のペースで進められるので、安心して学習できます。
英語の時間には文法の勉強だけでなく、英検や英会話、英語のクイズ、かるたなど様々な角度から英語に取り組んでいます。英和・和英辞書を交互に使いながらワークに取り組みました。継続は力なり。少しずつ積み重ねていき力をつけていきましょう。

【お知らせ】H29年度第2回教育シンポジウムを開催しました

東京大志学園 静岡校では今年度3回の教育シンポジウムを開催いたします。
第2回目のシンポジウムを9月9日に行いました。毎回2部構成になっていて第1部では不登校を経験した高校生による体験発表、第2部では専門家による講演を行っています。今回は連携しているクラーク記念国際高等学校の1年生の2人が過去の体験を話してくれました。当時の気持ちや周りの人のことなどを自分の言葉で語ってくれました。
第2部では地元の常葉大学短期大学部 日本語日本文学科 准教授の小野田貴夫先生をお招きして「不登校のこどもが自分に自信をつける方法」をテーマにお話ししていただきました。
参加者の皆様からは「不登校を経験し学校復帰した生徒の言葉には重みがあった」「子どもへの接し方のヒントをもらえた」などの声がありました。
次回のシンポジウムは11月11日を予定しております。ぜひお越しください。

【コミュニケーション力】調理実習

今回の調理実習は、総合学習の時間に調べていた「世界各国の代表料理」の中から子どもたちが、「これが食べたい」と選んだものを作りました。メキシコのタコスとカナダのナナイモバーです。買い出しから行きましたが、なじみのない材料もあり全て揃えるのに苦労していました。スーパーで何がどこに置かれているのかを知るいい機会になりました。
教室に戻って調理開始です。リーダーを選出し、その子が役割分担の指揮をとり、大学生ボランティアや連携高校の先生に協力してもらいながら2種類作ることができました。予想よりもはるかに美味しくできて大満足の様子でした。買い物・準備・調理・片づけと多くを学んだ1日となりました。

【学習支援】自由研究

静岡校の夏休みは宿題がありませんでした。夏休みといえば自由研究だ!ということで教室活動の中で自由研究をしようと子どもに呼びかけました。自由研究は主体的な学びを生み出すいい機会となります。「何をしよう」と悩みながらも自分でテーマを決めて始めることができました。与えられた課題を行っている時間よりも眼がキラキラとしていました。

【学習支援】工作

長い夏休みも終わり教室の活動も再開しています。静岡校では、「紙バンド」を使って様々なもの作りにチャレンジしています。今回はハート型の鍋敷き作りをしました。作るものによって編み方や使う長さ、幅が異なるので準備にj機関がかかります。根気よく編み続けてほぼ1日がかりで完成しました。大変な思いはしましたが、達成感を味わうことができたようです。

資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室