不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

本校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
天羽 芙美子先生

天羽 芙美子先生

先生からのメッセージ
「自分のこと、前より少し好きになったかも☆」
本校では、そんな気持ちを持てる教室です。
東京大志学園の「通学コース」で関わる生徒だけでなく、「サポートコース」などで関わる皆にとって“心の居場所”が持てる教室です。日々の活動の中で、少しずつ自分の出来ることを増やしていき、次のステップに進む“自信づくり”を私たちとしていきませんか?
職員、大学生ボランティアスタッフみんなで、待っています☆

実施しているコース

  • 通学コース(小学生・中学生対象)

    週2-5日プラン:37,000円/月、週1日プラン:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

    高校進学準備プランS:20,000円/月(受験前中学3年生対象)
    【入会金:10,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:18,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ファミリープラン:8,000円/月
    【入会金:10,000円】

    アフターケアプラン:10,000/月
    【入会金:30,000円】

最新イベント

本校

本校

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-16-17

  • TEL 03-5155-8845
  • FAX 03-5272-3822
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】家庭科〜食品群について考えよう!〜

東京大志学園では、個々の学習の進捗に合わせて学習を進めていく個別学習の時間と、社会性や集団力を高めていく集団授業があります。

今回の家庭科は食品群について考えよう!ということで、今年の4月にも行いましたが、改めてみんなの食生活はどうなっているのか知識はどれくらいあるのかを知るために行いました。中には初めての子もいる中でみんなの朝ごはんをのぞいてみました。

ご飯派の人もパン派の人もいたり、しっかり野菜やお肉などバランスよく食べている子、朝はヨーグルトだけの人もいました。
やっぱり、朝は「お腹が空かない」「食べる気が起きない」などの理由があり、まだ朝ご飯を食べてくる生徒の割合は低くありました。前回は、食品群に分けてバランスよく食べることが重要であることを話しました。今回も再認識のために食品群わけを各グループで考えてもらい自分の食生活を見直してもらいました。「朝ご飯は食べないけど、昼と夜では食べてる」と言っている子も多くいました。

今後も、三食必要な理由・朝ご飯を食べるとき、食べないときの体の違いを一緒に学んでより深い知識、自分のからだの仕組みを学んでいきましょう。


★東京大志学園 本校の今後のイベント★
○12/12(水)14:30〜15:45 学園説明会 [詳細はこちら
○12/15(土)10:30〜12:00 親の会[詳細はこちら

【学習支援】パフォーマンスゼミで体を動かして温まろう!

東京大志学園では、個々の学習の進捗に合わせて学習を進めていく個別学習の時間と、社会性や集団力を高めていく集団授業があります。

今回のパフォーマンスゼミでは、体と頭を使いながら寒い冬も乗り越えていきました。初めのゲームでは、一人ずつ順番に5の倍数の人と、数字がぞろ目だった人は合言葉を言うゲームを行いました。五の倍数に意識をとられていると、ぞろ目の数字の時に忘れてしまったりと楽しく行っている様子が見受けられました。
2つ目のゲームでは、2人組になって割りばしを指で支えながら動いたり、ジャンプしてみたりして落とさないようにすることを行いました。「全然余裕〜、もっと激しく動こう〜」「後ろ向きに歩くのは怖いよ」などコミュニケーションをとりながら行うため、笑顔が多く見られました。

体と頭を使いながら、相手のことを考えたり、思いやりをつけることや身体いっぱいいに表現する力を身に着けることができるような授業となっています。今後のパフォーマンスゼミも楽しみながら学んでいけたらいいですね!


★東京大志学園 本校の今後のイベント★
○12/12(水)14:30〜15:45 学園説明会 [詳細はこちら
○12/15(土)10:30〜12:00 親の会[詳細はこちら

【学習支援】理科〜身近な飲料水で実験!酸性?中性?調べてみよう!

東京大志学園では、個々の学習の進捗に合わせて学習を進めていく個別学習の時間と、社会性や集団力を高めていく集団授業があります。

今回の理科は、身近な液体の調査をしよう!ということで、リトマス試験紙を使って実験を行いました。実験に使った液体は、コーラ、洗剤、ヨーグルトなど自分たちの私生活で使われる液体はどのような特徴をもっているのかを調べました。
リトマス試験紙の色が変わるのをみて、「ピンクが青くなったよ〜」「これは酸性だったんだね、以外!」などと予想をつけて行ったため真剣に取り組んでいる様子が見受けられました。

東京大志学園では、教員免許を持った専門教科の先生が教えてくれています。実際に目で見て体験することで、自分の身近な変化や起きていることが分かったり、知識もより深く身につけることができた時間になりましたね。
次回もまた、どんなことをするのか楽しみです!


★東京大志学園 本校の今後のイベント★
○12/12(水)14:30〜15:45 学園説明会 [詳細はこちら
○12/15(土)10:30〜12:00 親の会[詳細はこちら

【学習支援】クリスマス会準備に向けて飾りつけ

東京大志学園では、個々の学習の進捗に合わせて学習を進めていく個別学習の時間と、社会性や集団力を高めていく集団授業があります。

今月はクリスマスですね。来週の14日は東京大志学園本校のクリスマス会・終業式になります。その準備のためクリスマスツリーや教室の装飾をみんなで手分けをして行いました。
「もうクリスマスだね。今年ももう終わるのか〜」「サンタさんには何をお願いするの?」などと話しながらどんどんツリーが完成していきました。

みんなで協力しながら一つのものを完成させていく力が身についていくとともに、他愛のない会話からコミュニケーションが取れたりと楽しく準備が進められました。
次はクリスマス会のゲームについての話し合いですね、どんなものにするか考えておくといいですね!


★東京大志学園 本校の今後のイベント★
○12/12(水)14:30〜15:45 学園説明会 [詳細はこちら
○12/15(土)10:30〜12:00 親の会[詳細はこちら

【学習支援】ディベートゼミ!テーマは、社会生活で男女どっちの方が有利な点がありますか?

東京大志学園では、個々の学習の進捗に合わせて学習を進めていく個別学習の時間と、社会性や集団力を高めていく集団授業があります。

今回のディベートゼミでは、「社会生活で男女どっちのほうが有利か」について、男の子は、女性社会について、女の子は男性社会について有利な点を考えていきました。
どちらも正解はないですが、論理的に話していく力や相手の意見を聞いて尊重する、または疑問を持てる体験を通していくことで聞く姿勢や、意見を出し合うことができた機会となりました。
初めは何を話したらいいか分からない。難しさを感じていたようでしたが徐々に慣れて楽しそうに話し合いが進んでいる様子が見受けられました。

次回はどんなテーマで進んでいくか気になりますね。楽しんでいきましょう!


★東京大志学園 本校の今後のイベント★
○12/12(水)14:30〜15:45 学園説明会 [詳細はこちら
○12/15(土)10:30〜12:00 親の会[詳細はこちら

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜