不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

横浜校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介

キャンパスの活動紹介

活動日 月〜金曜日
(文化祭等のイベント時には土曜日もあり。その場合、平日を代休とする。)
活動時間 午前9時00分〜午後15時30分まで
  • 学習支援

    学校復帰時へ向けて主要科目(英語・国語・数学)を中心に一人ひとりが自分の習熟度に合わせて学習をする。入会時に教室職員と面談の上、学習内容、学習進度、学習形態を話し合って「本人が決めたペース」を基本に学習に取り組む。指導は教室教員や大学生ボランティアが行う。また、検定の受験(英検、漢検、数検、電卓検定など)にも取り組み、指導して合格者を出している。

  • グループワーク

    「遊び」「製作」などから集団の中での行動、他者との協調性の育成、コミュニケーション能力の向上を目指した活動をする。みんなで教室のルール作り等の話し合いを行う時間や、集団活動として行事の企画、準備・運営に取り組む時間なども同様のねらいをもつ。スポーツは近隣の体育館やグランドを借りて、遊びを導入した軽い運動など、健康維持や運動能力の向上を目的としている。また、ピア・アシスタントを受講している高校生との交流も積極的におこなっている。

スタッフ紹介

教室責任者 塩嶋 文彦
教室職員 岩間 文孝
財団ディレクター・
カウンセラー
学校心理士:東 宏行
大学生スタッフ
(メンタルサポーター)
心理学・教育学等を学ぶ、研修を受講した大学院生、大学生
ピアアシスタント ピアアシスタント研修・実習を受講した高校生

講演会

「学校復帰支援シンポジウム」全3回 (平成24年度実績)

後援
神奈川県教育委員会/横浜市教育委員会/川ア市教育委員会/神奈川新聞社/
朝日新聞横浜総局/ 毎日新聞社横浜支局

不登校児童・生徒の学校復帰を目指して、保護者・教員・生徒対象の講演会。毎回かならず不登校を克服した高校生・大学生が自分の体験談を話し、それに対して毎回異なる講師が分析、解説を行う、というもの。司会は毎回分室へ通いながら不登校の克服に取り組んでいる中学生が行う。

親の会

全11回
現在不登校生を抱えている会員保護者とカウンセラー・スタッフによる意見交換・学習の場。同じ悩みを持つ保護者同士なので、活発な意見交換や積極的な学習が行われる。

その他の助成金事業

横浜市助成金事業 (平成16、17、18年度実績)

横浜市子ども教室推進事業運営協議会(事務局:横浜市教育委員会生涯学習課)と協力して、文部科学省委託事業「子どもの居場所/地域こども教室」の活動へ参加。『東京大志学園』では、普段の活動も上記活動の一環として登録、さらにはそれ以外に平日の夕方やキャンパスがお休みの日に学外講師を招いてのダンス教室を開催した。

日本財団助成金事業(平成17年度実績)

「不登校心のセミナー合宿」を毎年1回、夏休みに実施。臨床心理士などの専門家の指導、監修のもと、不登校生とその保護者が一緒に2泊3日過ごす中で、心を通わせるトレーニングや、本人、保護者の自己開示トレーニングなどを行い、本人、保護者ともに不登校克服へ向かう「こころ」の育成を目指す。

神奈川県助成金事業

「不登校への父親の役割『親父の会』」を平成16年度神奈川県委託事業として神奈川女性センターにて開催。当日は不登校生を抱える「おやじ」たちが集まり、声かけのワークや、勉強会を行った。

資料請求・お問い合わせはこちら
資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室