不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

横浜校

東京大志学園 各校一覧

  • 各校情報
  • 活動紹介
柳瀬 美咲先生

柳瀬 美咲先生

先生からのメッセージ
「変わりたい!」
その気持ちは、何かをやろうと思う時、新たな道を選択する時に必要な気持ちだと思います。横浜校では、学習や友人関係、自分自身のことなど、今までの「変わりたい自分」からの変化を大切にしながら活動しています。東京大志学園での出会いと毎日の生活を通して、一緒に「変わった自分」を発見しましょう。まずは一歩。勇気を出して横浜校にお電話下さい!皆さんの笑顔に会えることを楽しみにしています!
石澤 由香理先生

石澤 由香理先生

先生からのメッセージ
東京大志学園横浜校は、生徒一人ひとりが自信を持ち、笑顔が咲くような教室を目指しています。「自分にもできる!」そんな前向きな一歩を踏み出せるようなお手伝いをさせていただきます。「どんなところなんだろう?」迷ったら一度、お話してみませんか?スタッフ一同、心よりお待ちしております。

実施しているコース

  • 通学コース

    週2〜5日プラン:42,000円/月、週1日プラン:20,000円/月 【入会金:30,000円】

  • サポートコース

    家庭訪問プラン:20,000円/月

    ファミリープラン:8,000円/月

    アフターケアプラン:10,000円/月
    【入会金:30,000円】

    ※通学コース週2〜5日プランの月会費については、2019年4月から2020年3月までは40,000円とし、2020年4月から42,000円となります。

最新イベント

横浜校

横浜校

〒220-0021
神奈川県横浜市西区桜木町4-17-1

  • TEL 045-641-8516
  • FAX 045-224-8503
所在地
資料請求・お問い合わせはこちら
このページのトップへ

各校からのお知らせ

【学習支援】お家で工作第二弾!〜ヒンメリを作成してみよう〜

東京大志学園はオンラインで授業を行なっております。
6月に入り「学年別分散登校」を行なっていますが
みんなで美術の作業を行うことはまだ先のことです。

横浜校では職員ではなく子ども達が記事を発信。
実は「文章を考える力」「自分の思いを伝える力」
そのような力を育てることも目的の一つです。

〜以下、生徒が実際に文章を考えて送ってくれました!〜

【ペンネーム:えぬなさん★】

今回の美術の授業では、フィンランドの伝統工芸品「ヒンメリ」を作りました。
「ヒンメリ」とは極夜の時期があるフィンランド。
貴重な太陽が昇った時のお祝いとして麦を使って作ったものです。
今回は、麦ではなく身近にあるストローを使って作りました!
ストローに糸を通して、三角形を作りながら何回かその作業を繰り返します。
「完成系はどんな風になるかな?」と考えながら作るのはとても楽しかったです!
完成したものを部屋に飾ると、とてもオシャレになりました!
何個か作って繋げてみるのもありかな〜なんて思っています。
美術の授業は普段、私たちが知らないようなことを、身近な物で作っているので、
「これはこんな使い方も出来るんだ!」などと思えたり
また今度作ってみたいなと思ってもすぐに用意出来るので作れたり。
夢中になれて、とても楽しいです!
登校できるようになったら、できることも増えると思うので、とても楽しみです!

【ペンネーム:秘密さん】

今日の美術はヒンメリを作りました。
最初説明聞いて、 不器用な自分には無理だなって思っていたけど
実際にやってみてら難しかったけど皆と作ると凄い楽しかったです。
美術の授業そんなに好きでは無かったんですが
自分の作品を皆とシェアする事によって
他の考え方とか色んな方向から見れたり
達成感を皆で味わえるのは凄いやって良かったなって思えたので好きになりました。

〜横浜校の美術の時間は個性的です!ぜひご見学にいらしてください!

【学習支援】塩と砂糖?熱するとどうなるかな?(理科実験)

東京大志学園 横浜校では現在オンラインでの
授業を実施して子ども達の学びをサポートしています。

今日は理科の授業を紹介します。
分散登校がはじまりましたが、理科の実験を
みんなで行うのはしばらくは出来なそうです。

ですが、連携高校の理科の先生は
思考錯誤してどうしたら子ども達が学べるか
考えて下さっていました。

今日は画面に移すだけの実験を行ないました。
テーマは「もの」の性質についてです。
「塩」と「砂糖」を熱するとどう変化するのか?
画面上で、比較をしていく生徒達。
最後は様々な種類のお金も見せながら
「一つ一つ性質・物質」が異なることを学びました。

早くみんなで「理科の実験」がしたいですね!

【学習支援】理科の授業で何がやりたいかな?〜物質について学ぼう〜

東京大志学園 横浜校は現在インターネットを活用した
オンライン学習を行っております。

今回は、連携高校の理科教員による
「理科講座」の紹介です。

「ごみの分別」の話から、理科で勉強することが
日常生活にどう活かされているのか?
「どうしてこうなるんだろう?」という、
気付きが理科には大切ということを学びました。

今後も、理科講座では実験をはじめ、小学生も
中学生も楽しく学習できる内容を予定しています!

次回もお楽しみに!

【学習支援】数学的思考とは?〜図形・問題文・虫食い算に挑戦!〜

東京大志学園は現在オンラインで授業を行なっております。
今日は数学の授業を紹介したいと思います。

いつもは職員がこの記事を考えておりますが!
今日は実際に通っている子ども達の感想を伝えます!

〜以下、生徒が実際に文章を考えて送ってくれました!〜

【ペンネーム:えぬなさん★】
今日の数学の授業では、立方体を切った時の断面の形。
問題文、虫食い算をやりました。
断面を考える時は元の立方体の形に惑わされずにやること。
問題文では読むだけではなく、図に表して考えること。
虫食い算ではどこの□が確実な数字が当てはまるかを
考えるながら解いていきました。
問題文では、図に表すと文の整理ができとても分かりやすくなりました。
「この問題はどんな図を書けば分かりやすいかな?」
とを考えながら分を整理して解いていきました。
選択肢を定める時に「確実なものはどれか」ということに
着目しながらするのがポイントです。
色々な目線で問題を解くのは、とても集中ができ、良かったです。
虫食い算にハマったので、もっと色々な問題を解いてみたいと思います。

〜今後も子ども達の生の声を発信していきます!お楽しみに★〜

【お知らせ】横浜校★ホームページ部始動します!

東京大志学園 横浜校では日々の活動の様子や
子ども達のリアルな感想等をホームページにて
お伝えさせて頂いております。

今までは職員が全て編集し発信しておりましたが
この度!「横浜校ホームページ部」を始動することに!

「東京大志学園ってどんなところかな?」
「横浜校の魅力はなんだろう?」
「今通っている子ども達のリアルな声は?」
「制服?お弁当?」などなど。

「自分達が来た時に感じた不安を少しでも軽くしたい」
「これから仲間になるかもしれない人に届けたい!」
そう思っている心優しい子ども達が在籍しています。

授業で感じたこと、思ったこと、学んだこと。
それぞれの言葉で文章を作成してくれます。
写真も職員が撮っていましたが、変わるかもですね。

今この記事をご覧頂いている方に、少しでも届きますように。
そんな願いを込めて、子ども達とお送りしていきます!
横浜校の新しい形の配信をお楽しみに!!

資料請求・お問合せはこちら
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
不登校の漫画「1ミリの一歩」
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室
寄付金〜ご支援のお願い〜