不登校生徒・児童を学校復帰に導くための教育機関

学校復帰を果たした卒業生の声

あなたにとって「東京大志学園」って?

学校復帰を果たした東京大志学園卒業生に、キャンパスの感想を聞きました。

  • 卒業生の声
  • 保護者の声
  • サポーターの声

佐藤加奈子 ピアアシスタント 横浜分室

優しい先輩に憧れていました。

中学生時代、東京大志学園に通っていた頃から、ピアアシスタントを高校に入ったら取りたいと思っていました。東京大志学園の頃、ピアの先輩と一緒にワークをやって、優しい先輩に憧れていました。東京大志学園では学校に行けていなかったからこそ、人の気持ちに敏感で、他の子がどう思っているのか気になることが多かったと思います。今度は自分が東京大志学園の子の話を聞き、楽しいだけではなく安心して東京大志学園の活動に参加できるように考え、毎週ワークをしています。ピアでは人の心や状況を考える広い視野を学び、ピア同士が意見を出し合って気づくことも多く、自分自身の向上にもつながりました。一緒にピアをやっていく仲間の存在も大切だと思いました。将来教師になる夢のためにも、ここで学んだことを忘れず成長し続けたいです。

厚田裕樹 ピアアシスタント 東京分室

共に成長していきたいと思います。

中学3年の秋、僕が「東京大志学園」に通い始めた頃、その高校生は、まだ周りに誰もいなかった僕に、優しく話しかけてきてくれました。急に声をかけられて戸惑ったけれど、その時の嬉しさは今でも覚えています。そこから少しずつ、緊張の糸が解けていき、気がついたら、僕の周りには友達がいました。そうして僕は、「こんな高校生になれたらな」と思うようになりました。今、僕はピアアシスタントとして、「東京大志学園」へ実習に行っています。あの時の、憧れの高校生と同じ舞台に立てているのが、とても誇らしく、また、とても素敵な体験をしているのだと、しみじみ感じています。私は、これからもこの実習を通して、生徒たちや同じピアと一緒に、いろんな「楽しい」時間を過ごして、共に成長していきたいと思います。

 

佐藤 麻衣子

杉浦友紀 メンタルサポーター 大阪分室

子どもたちに「近い」存在であり続けたいと思います。

私は、大学で心理学を勉強しており、特に子どもの心理について興味があったので、「東京大志学園」でのボランティアを始めました。活動を始めたばかりの頃は、子どもたちとの距離感がつかみにくかったので、接するときに少し戸惑いや迷いがあり、会話するときにも自分の中で慎重になってしまっていることがありました。でも、一緒に活動していくうちに、だんだんと自分自身が自然体で子どもたちと接することができるようになり、そうすると子どもたちも気兼ねなく話をしてくれるようになったので、とても嬉しかったです。これからも、「東京大志学園」での活動を通して、一緒に何かを感じたりする、子どもたちに「近い」

存在であり続けたいと思います。
田口 和雅

壽 純平 メンタルサポーター 千葉分室

ともに成長していきたいと思っています。

私は、教員を目指して大学に通いながら、メンタルサポーターとして学習指導や集団活動のお手伝いをしています。初めのうちは、子どもたちとの関わり方に悩むこともありましたが、少しずつ自分らしさを出しながら、自然体で過ごせるようになってきました。また、活動の期間が長くなってくるにつれ、子どもたちの成長を感じ取ることができ、自分の日頃の何気ない関わりが、子どもたちにとって少しでも良い影響を与えることができているのかなと嬉しく思っています。子どもたち一人一人が通いやすく、そして笑顔で過ごせるような教室を目指し、これからも楽しみながら、ともに成長していきたいと思っています。

森 菜穂子

南川華奈 臨床心理士 芦屋分室

ぜひ一度、私たちの「東京大志学園」を見に来て下さい!

初めて「東京大志学園」に見学に来た時、人と会うのが不安で怖くてしょうがなかった子どもたちが、通う日数が増えるにつれ、笑顔が増え、冗談が言えるようになり、本来の自分の姿を取り戻していく姿を見るのが、私の一番の楽しみです。そのために「東京大志学園」では、明るく楽しく、アットホームな雰囲気作りを心掛けています。そして、来ている泉っ子みんなが気持ちよく過ごせるように、一人ひとりの体調や出席状況、困っていることはないか、何に楽しむことができているか、などに気を配っています。「東京大志学園」では、勉強が苦手な子も多いのですが、少しでも勉強ができるようになることは子どもたちの大きな自信に繋がります。ですので、学習に関しても一人ひとりの状況を把握し、少しでも「できた」という体験ができるように工夫しています。 ぜひ一度、私たちの「東京大志学園」を見に来て下さい!

伊藤 大介

伊藤 大介 学習心理支援カウンセラー芦屋分室

自分への優しさを一緒に見つけていきたい!

「東京大志学園」に通う子どもたちは、年齢も想いも様々。気分がいい日、ちょっと落ち込む日、なんだかつまらない日、その日その時で変わる子どもたちの気持ちの変化に、いつでも寄り添っていくことで、繋がっているという安心感を持つことができます。この安心感は、自分の足元を確認し一歩一歩前へ進んでいく勇気に。自分の居場所、繋がっている安心を最大限サポートしています。誰にだってある気持ちの変化や色々な自分の姿。そんな自分自身と向き合っていけるたくましさと自分への優しさを一緒に見つけていきたい!「東京大志学園」の子どもたちは笑顔はきらきらと輝いています。

  • 卒業生の声
  • 保護者の声
  • サポーターの声

学校復帰を果たした卒業生の声TOPへ

  • 東京大志学園 各校一覧
  • 公益財団法人 こども教育支援財団
資料請求・お問合せはこちら
Facebook始めました
未来の学校 ラジオ分室 -不登校支援を考える-
最新イベント情報のお知らせ
大学生ボランティア
内閣府認定 公益財団法人 こども教育支援財団
JKA補助事業親子宿泊体験教室