よくあるご質問

東京大志学園ってどんなところなのですか?

「東京大志学園」は、さまざまな事情により、小・中学校に行きづらくなった子どもたちに、自信をつけ学校生活を送れるようにバックアップをするところです。

いくつくらいの人が対象ですか?

小学校1年生から中学校3年生までが対象となります。
東京大志学園の支援を受けたことのある人であれば、高校生になってからもアフターケアプランの対象にもなります。

どんなことをするのですか?

週に5日、朝から夕方まで時間割があり、自分のペースで勉強やさまざまな活動に参加し、東京大志学園での生活を始めることができます。
※各校により内容は異なります

どんな人が教えてくれるのですか?

職員全員が学習心理支援カウンセラー研修の修了者であるほかに、研修を受けたメンタルサポーターの大学生・院生、さらに高校生向け心理学研修を受講した高校生(ピアアシスタント)が、1人ひとり丁寧に勉強を教えてくれます。
ピアアシスタント高校生の中には、かつてこの東京大志学園に通っていた卒業生もいます。

どれくらい通えますか?

自分のペースで通いはじめることができます。
例えば週1日からはじめて、もっと通えるなと感じたら、週2日、3日と少しずつ増やしていけば大丈夫。週5日まで通うことができます。頻度の相談もできます。

時間は何時からですか?

各校により開室・閉室時間が若干異なりますが、朝9時から夕方16時までです。
午前だけ通う人や午後からだけ通う人など、それぞれの事情に合わせてさまざまです。
まずは、自分のペースをつかんでいきましょう。

最初は通うことはできないと思うのですが

研修を受けた大学生・院生(メンタルサポーター)がご自宅までうかがう家庭訪問プランや、保護者の方のカウンセリングを中心としたファミリープランなど、東京大志学園には、お子さまが通うコース・プラン以外にもサポートできる体制が整っています。

勉強はしたくないのですが…勉強のほかには何かやるのですか?

個別学習、集団学習、検定対策といった学習時間以外に、体育や音楽や情報、美術といった授業もあります。そのほかにも課外活動や社会科見学、連携高校と一緒に行う体育祭・文化祭など、年間を通じて各校ごとに多数の行事があります。

勉強はまったくわからないのですが

ご安心ください。1人ひとりの習熟度に合わせて個別に対応し、どこからでも理解できるまでじっくり指導します。Web学習教材を活用し、わからない単元から学んでいくことが可能です。

夏休み、冬休みはあるのですか?

もちろんあります(春休みもあります)。
ただし、それぞれ学校の長期休暇ほど長くはなく、夏休みが2~3週間程度です。

東京大志学園に出席すると、学校の出席になるって本当ですか?

各都道府県・市区町村の教育委員会や在籍学校長先生の承認をいただくことで、指導要録上の出席として扱ってもらうことができます。
通い始めてから教室の職員が在籍学校へ訪問し、説明・相談させていただきます。

学校に通いながら、東京大志学園にも通いたいのですが…

もちろん大丈夫です。多数の実績があります。ぜひ、その旨各校の職員に相談してみてください。

通うためにはどうすればいいのですか?

まずは、電話か各校ページから予約をして見学にいらしてください。
担当職員が具体的な活動内容の説明、ご質問への回答をさせていただき、充分ご理解いただいてから入会のお手続きを取ります。また、ご希望があれば授業体験や、保護者さまだけにご説明することもできますので、お気軽にお問い合わせください。
お手続きの前に、今後の取り組みについての確認をするための個別面談の時間を設けさせていただいています。