No.15「先が見えなかった日々から少しずつ心よりの笑顔が増えた」

  • URLをコピーしました!

Sさま

友だちと心から笑うことができるように

中1の時、全く先が見えず、病院でさえも外に出られない期間を長く過ごし、中1が終わる頃に、東京大志学園に見学に行くために、電車に乗り外に出て、見学に行く事が出来ました。
そこから少しずつ少しずつ、大志学園に馴染んでゆき、半年経つ頃には、大志学園中心の生活になりました。勉強は自分の好きな教科を取り組むようになりました。大志学園が無い日は、本当に残念がっていました。中3のころは、積極的にもなり、だいぶしっかりしてきました。大志学園で過ごす事が本当に楽しいようで、大志のお友達と心から笑っていました。
中1の終わりに大志学園に出会えていなかったら、心から笑うこともなかったのだろうと思います。
大志学園は子どもの人生の恩人です。ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる