No.11「不登校になった事で息子と濃い時間を過ごす事ができた」

  • URLをコピーしました!

Mさま

今振り返って思うこと

息子が不登校になったのは、中学1年から。学校に行きたくないとSOSをだし、体調も不安定になったため学校を休ませることにしました。どうにか中学に行けないか?と転校をしたり、試行錯誤しました。休ませることで少しずつ興味の持ったことに挑戦していきました。中学3年になり、進路を考え始め、クラーク高校のオープンキャンパスに参加した際、現況をお話ししたら先生から常設している東京大志学園をご紹介してもらい、週一ですが、通うことになりました。通い始めてから友達もでき、笑顔がでるようになったり、自分に少し自信をもてるようになってきました。結局、中学には少ししか行けませんでしたが、不登校の経験を二度したくないと、今は夢の実現のために高校に毎日通い、頑張っています。親は子に無理はさせず、頑張りたいことのサポートをしてあげられるよう焦らず見守ることが大事なのかと思っています。
不登校になった事でいろいろと親として息子と濃い時間過ごせました。これからも息子の成長を見守っていけたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
目次
閉じる