【20220824メールマガジン】学校の話題を切り出すタイミングについてのQ&A

  • URLをコピーしました!


学校を休むようになり、もうすぐ半年になります。ようやく旅行や外食、習い事には一緒に出かけることができるようになりました。家を安心できる場所にと思い、学校・勉強のことはほとんど話題にせず、自由に過ごさせています。これをいつまで続ければいいのか不安です。(中1女子の母)

まずは、ご自宅が安心できる場になるようにサポートされていらっしゃることは、素敵だなと思いました。ご本人と日常的にどのような会話をされていますか?

食べたいものや行きたい場所など、本人の意向を聞く会話が中心です。

もし、現状についてオープンに話ができるような状況であれば、「お母さん(お父さん)、今、学校関係のことを話題にせず自由に過ごせるようにしているけど、このままのサポートであなたが不安じゃないか心配しているよ」と直接伝えてみるのも、ひとつの方法ではないかと思います。

状況により変わりますが、子どもも私たちも、お互い気を遣いながら関わることがたびたびあります。

深い話題になると避けるようであれば、まずは日常的な会話、とりわけ「楽しい」「悲しい」「嬉しい」「寂しい」といった情緒的な話題で、お子さまとの時間を大切にされるところからスタートされるのはいかがでしょうか。

本人の気持ちの延長線の会話で良いのですね。

そうですね。具体的な提案をしていく前提は、穏やかな環境で”気持ち”のやり取りができることがポイントになります。
もし、保護者の方が不安を抱えられているようであれば、適応指導教室やフリースクールの先生方に相談するようにしてみてはいかがでしょうか。

一緒に話せる時間・話題を大切にして、保護者の方が不安に思われることがあれば相談先を探してもよいかもしれません

情報発信サービス
ほっとステーション
フリースクール
 東京大志学園 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次